2019 船橋 東京湾カップ 馬場もメンバーも展開も難解すぎる一戦…グリードパルフェの総合力に一応期待。

2019 船橋 東京湾カップ 馬場もメンバーも展開も難解すぎる一戦…グリードパルフェの総合力に一応期待。

水曜は船橋で東京湾カップが行われますが、前日の船橋がまったく馬場を読み切れませんでだいぶ痛い目に合いまして、さらにこの東京湾カップはメンバーもかなり混戦。まったく自信がないので、みなさんあまり真剣に聞かないでいただきたい気持ちです。ひとまず本命は⑨グリードパルフェですけどね。

 

理由ですが、成績が安定していること、距離経験が豊富なこと、枠順が内すぎず外すぎずでちょうどいいこと、笹川がまあまあ馬場を読めていそうなこと、前走はレオズハウライトに差されましたが若干出し抜けを食った感じがしたこと、前に行きたい馬が多そうでそれを見ていける展開になりそうなこと、といった感じです。

 

ただこの馬、やはりいくらかパンチ不足な印象は強いです。3走前にステッペンウルフと0.6差ならまずまずかもしれませんが、ここ2戦はメンバーも軽め。この相手で力関係がどうかというところ。馬券圏内には来てくれそうな気もしますが、4着5着もありそうです。難しいですね。

 

他の上位人気馬も一長一短がありすぎて難しいです。④ミスタージョイは連勝が鮮やかですが、今回は激しいレースになりそうで小杉がどう乗るか不安もあります。クラウンカップ勝ちの⑦ホールドユアハンドは1400~1600の馬だと思いますし、1700が向いているはずはないです。さらに内に②イグナシオドーロがいて、長い直線の1コーナーまでの先行争いがどうなるか微妙。差しが決まりやすい今の馬場も味方にはならないですね。

 

その②イグナシオドーロは実績では一番ですが、やはり休み明けが不安ですね。もともと一発屋的なところもありますし、嵌まれば強い馬ですが信用はできません。そのあたりの後ろにつけそうな⑫サクセッサーですが、この枠は良さそうに見えて1コーナーあたりで外に振られそうな気もします。石崎ならなんとかうまく乗りそうな気もしますが、こちらもジリっぽいですからね。難しいところ。

 

切れ味なら⑬レオズハウライトですが、あまりにも前走のまくりがうまく行きすぎな気もします。その前は⑨グリードパルフェに負けてますし、あまりレースのレベルが高くなってくると脚が溜まらない展開にもなりそう。③ジョリスヴェニールも相手強化で初船橋。前々走の大敗からあまりごちゃごちゃしたレースになると心配ではあります。

 

ということで、消去法をやっていくとどの馬も消し要素が多すぎて、結局一番無難な⑨グリードパルフェだけ残る感じになってしまいます。たださきほど言ったようにパンチ不足な感じはしますね。そしてそこまで人気がないわけでもないので、あまり手を広げられないという難しさもあります。

 

不安要素をどんどん挙げていきましたが、結局はこの中の馬のどれかが勝つんでしょうかね。悩ましいところです。なので、ここは果てしなく「見」に近い感じで、⑨グリードパルフェから、⑫サクセッサー①ダバイダバイへ馬連・ワイド・三連複を買って楽しもうと思います。⑫サクセッサーは石崎の好騎乗を期待。①ダバイダバイは体重が増えませんが、今回は久々に地元船橋での競馬。それだけを頼りに買ってみたいです。なにしろ人気がないですからね。

 

  • 馬連・ワイド ⑨-①⑫
  • 三連複 ①⑨⑫
  • 勝負度 ★☆☆☆☆