2019 名古屋 若草賞 番手もできるゴールドリング◎

2019 名古屋 若草賞 番手もできるゴールドリング◎

グランダムジャパン3歳シーズンがスタートしまして、水曜の桜花賞に続いて木曜は名古屋で若草賞が行われます。全国交流ですが、今回は各地からなかなかのメンバーが集まりましたね。どの馬もグランダムジャパンを獲得するため、まず最初にポイントを稼いでおきたい感じでしょうか。私の本命はその中でも、地元名古屋の⑫ゴールドリングです。

 

門別出身で、当時はそこまで目立つレースぶりではなかったですが、名古屋に移籍してからは走りが一変。自慢のスピードを武器に、5戦中勝った3勝はどれも楽勝。負けた2戦も重賞級の強い相手で、しかも距離が1600と1800。今回はベストの1400に戻りますしレースはしやすそう。前走は1800で折り合いが不安でしたが、レースではうまく番手で追走してアンタエウスの2着。レース運びに進境を見せています。もう崩れないと見て本命です。

 

ゴールドリングの動き方次第で展開も変わると見ています。もし積極的に動くようならペースが速くなって差し競馬に、前を可愛がって直線ですっと差す競馬ならスローになって前残りになるかも。配当的に、前残りだとあまり魅力がなさそうなので、穴狙いで相手にまず②ボルドーシエルを。吉原とは2回目ですし、前走・前々走と内容はまずまず。経済コースを通ってうまく立ち回れば。もう1頭は④リリコ。ずぶい面がありますが、エンジンがかかれば必ず脚を使います。前が引っ張る展開になってほしいところ。

 

三連単1着2着固定で、1着⑫ゴールドリング、2着に②ボルドーシエル④リリコ、三連単1着3着固定でも同じように流したいです。相手は他に⑤トリマゴラッキ⑥ニュールック⑦ハッピーフライト⑨リードメロディー。直線混戦になってほしいところ。

 

  • 三連単1着2着固定流し ⑫→②④→⑤⑥⑦⑨
  • 三連単1着3着固定流し ⑫→⑤⑥⑦⑨→②④
  • 勝負度 ★★☆☆☆