2019 浦和・桜花賞 今度は違う、ホウショウレイル◎

2019 浦和・桜花賞 今度は違う、ホウショウレイル◎

水曜はいよいよ、南関東牝馬クラシック初戦・桜花賞が行われます。浦和の1600という非常にトリッキーなコースで、枠順と展開が大きなファクターになるレースですが、そのあたりもふまえまして、私の本命は④ホウショウレイルにしました。

 

デビュー戦から大楽勝の連続だったものの、川崎のローレル賞で初黒星を喫してから一進一退のレースが続いている様子。ですが、前々走では平和賞勝ちのステッペンウルフを破っていますし、やはり能力は相当なもの。前走のユングフラウ賞は掲示板をはずしましたが、太めで内で包まれる展開になって参考外。あまりスタートから速いタイプではないですし、スプリンタータイプの先行馬が他にいるとレースがしづらいと思います。今回は前走よりもそういうタイプの馬は少なそうですし、距離も1600に延びて、逃げか2番手~3番手のレースが叶うかもしれません。枠順も動きやすい枠ですし、条件がすべて好転している気がします。本命でいきたいと思います。

 

ホウショウレイル軸で、三連単1着流しと三連単2着流しでいきたいです。相手は①ダバイダバイ②トーセンガーネット⑤ゼットパッション⑩アークヴィグラス⑪マーチャンスルーの5頭。①ダバイダバイは休み明けですが、何より枠順が魅力。前走は不利がありましたし仕上がりひとつです。②トーセンガーネットは最近スタートが今ひとつなので、この枠順だと不安に感じて本命にはしませんでした。ただ実力はトップです。⑤ゼットパッションは桃花賞があざやか。小回りのマイルは合いそうなので、これもうまく内をさばければ。そして話題の瀧川騎乗の⑩アークヴィグラスですが、あのクイーンカップの大敗が尾を引いていないか若干不安。枠順も明らかに不利ですし、押さえまでにしました。最後に⑪マーチャンスルーは森のマジックに期待。展開がはまれば。

 

 

  • 三連単1着固定流し ④→①②⑤⑩⑪
  • 三連単2着固定流し ④→①②⑤⑩⑪
  • 勝負度 ★★★☆☆