2019 高知 黒船賞 高知実績上位・キングズガード◎、相手は地方勢。

2019 高知 黒船賞 高知実績上位・キングズガード◎、相手は地方勢。

祝日の木曜、高知最大のレース・黒船賞が行われます。昨年のエイシンヴァラーの衝撃から1年、今年もどうやら不良馬場で行われそうな雰囲気です。JRA勢に対して地方勢もなかなかのメンツで、一筋縄ではいかなそうです。そんな中で私の本命は⑤キングズガードでいきます。

 

この馬のセールスポイントとしては、やはり過去2年でこの黒船賞2着2回というところ。昨年も内から伸びたように、コーナリングも高知に向いているのかもしれません。ここ数戦は差しが不発に終わってますが、それほど差があったわけでもなく、高知で一変もありえます。かきつばた記念を見ても、コーナー4回の1400とも相性が良さそうです。ペースも速くなりそうで、展開も向くと見て◎。

 

相手は混戦。願望と配当的な魅力から、ここはひとつ、地方馬を買って遊びたいです。三連複フォーメーションで、1頭目に⑤キングズガード、2頭目は⑦サクラレグナム⑨キクノステラ⑩エイシンバランサー、3頭目はこの3頭の他にJRA勢と④ミサイルマンまで入れたいと思います。

 

⑦サクラレグナム⑨キクノステラは、いずれも兵庫ゴールドトロフィーで好走。当時は共に軽ハンデだっただけに、今回の別定56キロは辛いところですが、⑦サクラレグナムは地元で走れるという強み、⑨キクノステラは道悪巧者というプラス材料があります。乱戦になれば台頭してくる可能性ありと見て、思い切ってフォーメーション2列目にしてみました。⑩エイシンバランサーの兵庫ゴールドトロフィーは太めで参考外。サクラレグナムと対戦成績で分が悪いですが、笠松グランプリのようなレースができれば。

 

JRA勢はそれぞれ不安があります。①ヤマニンアンプリメは1200向きの馬であること、②テーオーヘリオスは休み明け、③サクセスエナジーは58キロ、⑪サイタスリーレッドは展開ひとつというところ。クセのある高知コースでもあり、地方勢に魅力を感じました。そして最後に未知の魅力で④ミサイルマン。厳しいとは思いますが、元々素質はある馬で、ようやく去勢の効果も出てきたようです。前走のように内にもぐりこめば。

 

  • 三連複フォーメーション ⑤-⑦⑨⑩-⑦⑨⑩①②③⑪④
  • 勝負度 ★★★☆☆