2019 中山 中山牝馬S 例年よりハイレベル、ミッキーチャームのスピード◎

2019 中山 中山牝馬S 例年よりハイレベル、ミッキーチャームのスピード◎

土曜のメインは中山牝馬S。牝馬のハンデ重賞ということで、荒れることも多いレース。しかし今年のメンバーは、例年に比べてなかなかハイレベルな印象。強い馬がそのまま来るかなと思いました。本命は⑬ミッキーチャームにしました。

 

昨年の函館から3連勝して、そのまま秋華賞に挑戦しアーモンドアイの2着。自ら淀みのない流れを作って、それでアーモンドアイから0.2秒差なら上出来。逃げのレースが多いですが、スピードの違いでハナに立っているだけで、番手の競馬も出来そう。今回は③カワキタエンカ⑥ランドネなど他に速い馬もいますし、それらを行かせて外から追走できれば、スムーズに運べるんではないでしょうか。距離短縮も歓迎。スピードで押し切ると見ました。

 

相手はしぼって⑤クロコスミア⑦フロンテアクイーン⑤クロコスミアは今回は逃げられそうにないですが、うまいこと3番手あたりで走れるなら一発あるんではないでしょうか。1600ほど忙しくもなく、2000ほど切れ味勝負にもならない1800は合いそう。⑦フロンテアクイーンはあと一歩で重賞勝ちに届かない馬。今回も相手は厳しいですが、一線級相手だった府中牝馬Sの内容が良かったです。昨年も2着で、ソツなくレースができれば。

 

ミッキーチャームから馬連とワイドでこの2頭に流し。注目の②ノームコアですが、距離が1ハロン短そうなのと内枠、そしてやはり乗り替わりで不安。⑨ウラヌスチャームは少しエンジン点火に時間がかかるタイプ。中山1800だと間に合わないかなと思いました。速い馬が揃うと、意外とペースは落ち着いたりしますから、前残りもありそうな気がしますね。

 

  • 馬連・ワイド ⑬-⑤⑦
  • 勝負度    ★★★☆☆