2019 名古屋・梅見月杯、園田・園田・ウインターカップ まとめて予想!

2019 名古屋・梅見月杯、園田・園田・ウインターカップ まとめて予想!

今週木曜の地方競馬は、名古屋と園田で重賞が行われます。名古屋では中距離重賞の梅見月杯、園田では1400メートル戦・園田ウインターカップ。どちらもなかなか面白いメンバーが揃いました。まとめて予想したいと思います。

 

 

名古屋・梅見月杯 下原に戻ったタガノゴールド◎

全国交流の一戦。毎年園田勢がいい競馬をしていきますが、今年の園田も強力な布陣。その中でも私は②タガノゴールドを本命に指名したいです。

 

ここ3戦は勝ち星から遠ざかっていますが、3走前はJBC、前走は南関東の重賞とハイレベルなレースでした。しかも内容は悪くないです。特に前走はかなり悔しいレースでした。内でロスなく運べたのは良かったのですが、4コーナー手前から前が詰まって前に出られず、結果的に直線の決め手比べで負けての5着。ただ相手もヤマノファイトやタービランスといった南関東の一線級でしたし、能力の高さは示しました。今回は園田金盃で負けたマイタイザンがいますが、馬券圏内の安定感ならこちらでしょう。前走減った馬体重が戻って、鞍上が主戦の下原に戻れば最有力ではないでしょうかね。

 

実績的には当然①マイタイザンですが、脚質的にポカもあると思ってます。特に今回は名古屋で10連勝中の⑩ナインオクロックがいますから、外からある程度プレッシャーをかけられる展開になるかも。やはり園田での安定感に比べると、名古屋では若干不安なところもあるかなと思いまして、ここは押さえ程度の扱いにしたいです。

 

面白そうなのは④トーセンノワールですね。前走の名古屋グランプリはJRAメンバー相手だったのと距離が長すぎて大敗。強いメンバーだった3走前のスターバーストカップだけ走れればチャンスはあると思います。内で脚をためたいですね。

 

三連複フォーメーションで1頭目に②タガノゴールド、2頭目に④トーセンノワール⑩ナインオクロックと一応①マイタイザン3頭目はこの他に実績ある⑪ポルタディソーニと、乱戦に備えて⑤ブランニュー⑥ミラクルシップあたりの差し馬を。最後3着を拾う感じで来てくれると面白いかなと思ってます。相当なハイペースにならないと難しいでしょうが。

 

  • 三連複フォーメーション ②-④⑩①-④⑩①⑪⑤⑥
  • 勝負度 ★★★☆☆

 

 

園田 園田ウインターカップ 自在性あるキクノステラ◎

今年で3回目となる冬のスプリント戦。昨年はドリームコンサートが穴をあけましたが、今年もなかなか力は接近している感じ。その中でも前走でダートグレード3着の⑤キクノステラは、少し力が上かなと思います。

 

前走の兵庫ゴールドトロフィーは、展開が向いたのと51キロの軽量も効いたとは思いますが、JRA勢相手に0.2秒差の3着なら大健闘。今回56キロを背負いますが、4走前の園田チャレンジカップでハナ差の2着がありますし、あの時だけ走れば勝ち負けだと思います。自在性もありますし、岡部誠がまた乗るのもプラス材料。軸としての信頼度は高いと思います。

 

相手は先行馬を選びたいです。④ナチュラリー⑨タガノカピート⑩リッパーザウィンの3頭。展開の鍵を握りそうなのは④ナチュラリー⑨タガノカピート。この2頭はどちらも新子厩舎なので、やり合うことはないと思ってます。そこに外から⑩リッパーザウィンも絡んでいくんですが、この馬もハナにはこだわらない馬ですし、鞍上も田中学ですから、強引にハナというのもなさそうな気がします。となれば、意外と展開は落ち着くんじゃないかでしょうかね。向こう正面入り口までゆったり流れて、そこから急激にペースが上がる展開、そうなればかなり差し勢に厳しくなると踏みました。

 

買い方ですが、まず馬単裏表と三連複で⑤キクノステラから④ナチュラリー⑨タガノカピート⑩リッパーザウィンへ流し。そして三連複フォーメーションで、1頭目を⑤キクノステラ、2頭目に④ナチュラリー⑨タガノカピート⑩リッパーザウィンそして3頭目に内をうまく立ち回った時の②アールプロセス③イルティモーネを押さえます。2頭とも切れはあるので、4コーナーの内で前を射程圏に入れられれば。

 

  • 馬単マルチ・三連複1頭軸流し ⑤⇄④⑨⑩
  • 三連複フォーメーション ⑤-④⑨⑩-②③
  • 勝負度 ★★★★☆