2019 浦和 ユングフラウ賞 キャリア重視・トーセンガーネットとスティールティアラで。

2019 浦和 ユングフラウ賞 キャリア重視・トーセンガーネットとスティールティアラで。

水曜の浦和は桜花賞の前哨戦・ユングフラウ賞が行われます。浦和の1400、しかも今年は快速馬が多く前半が激しい展開になりそう。ここは強い相手に揉まれてきたキャリア重視と見ました。主力は2頭で行きたいと思います。③スティールティアラ⑨トーセンガーネットで。

 

浦和1400は先行有利。しかし今年はなかなか速い馬が揃いました。内から①ホウショウレイル②ゼットパッション③スティールティアラ④シントーアサヒ⑧サブノダンサー⑩ビービーガナールあたりは前のポジションを取りたい馬たち。この中でふるい落としが起こる展開になるはず。行ききった馬、内でロスなく運べた馬、そして差しに構えていい脚を使う馬に展開が向くのではないでしょうか。

 

その中で③スティールティアラは、門別の1200戦でも先行できるスピードもありますし、決してハナにこだわるタイプでもありません。何かに先に行かれても何とかなる馬、しかも今回も内枠を引けましたから、道中はロスなくレースができそう。南関東でのここ2戦は最後脚が上がりましたが、今回は距離短縮。総合的に見て先行勢の中では一番信頼できるかなと思いました。斤量の54キロも恵まれていますね。

 

その他の先行馬ですとそれぞれ不安があります。①ホウショウレイルは前走差す競馬でステッペンウルフを退けたのは収穫でしたが、今回はまた全体的にレースのレベルが高いですし、1枠からうまく立ち回れるかが微妙。桃花賞のレベルを考えると、②ゼットパッション⑧サブノダンサーは今回は厳しい戦いになるかも。⑩ビービーガナールもレースレベルが上がりますし、この枠からの先行はかなり難しいでしょう。問題は3戦3勝の注目馬・④シントーアサヒ。ただ今回は距離短縮、初遠征、メンバー強化とハードルが多いです。魅力的な馬ですが、大惨敗もあるかなと思ってます。

 

そうなると、やはり前走で雲取賞快勝のヒカリオーソを破った⑨トーセンガーネットは、実績的にも抜けているでしょう。前々走の兵庫ジュニアグランプリでは、同じ小回り1400で中央馬に食い下がりました。自在性があって、相手を見ながらレースができるこの馬にとって、真ん中より少し外のこの枠もレースはしやすそう。地元・浦和では2着2回とまだ勝ちがないのと、斤量56キロなので多少取りこぼしもありそうですが、逆に馬券圏外の可能性も少ないかなと考えました。

 

ここはひとつ、馬連・ワイドスティールティアラ・トーセンガーネット1点でいってみようかなと思います。ホウショウレイルとシントーアサヒが売れるでしょうから、配当的にも手頃になるんじゃないでしょうか。ワイドで6~7倍、馬連で15倍くらいついてくれるとありがたいところ。シンプルに行きたいです。

 

  • 馬連・ワイド ③-⑨
  • 勝負度 ★★★★☆