2019 大井 金盃 軽量・内枠・森泰斗でワークアンドラブ◎

2019 大井 金盃 軽量・内枠・森泰斗でワークアンドラブ◎

水曜・大井は伝統の長距離重賞・金盃。今年は楽しみですね。なんと言ってもサウンドトゥルーという超ビッグネームが登場。さらに羽田盃馬のヤマノファイトも年始に勝った勢いそのまま参戦してきてかなりハイレベルとなりました。今年の南関東を占う一戦となりそうですが、私の本命は上がり馬、①ワークアンドラブでいきます。

 

中央から道営に移籍して力を磨き、昨年末大井に転入。そこでいきなり東京大賞典に果敢に挑戦。かなり厳しいレースになるかと思いきや、しぶとく食い下がって1.2秒差の7着と健闘してびっくり。今回再び顔を合わせるサウンドトゥルーとは0.5秒差で、今回も十分勝負になるはず。前走は自己条件のレースで57キロを背負いましたがまったくの楽勝。今回54キロになるのはかなり有利な材料。距離の2600がカギですが、内で脚をためられそうな1枠は歓迎。TCK女王盃でビスカリアを1枠から勝利に導いた森の手綱に期待したいところ。

 

注目の⑦サウンドトゥルーですが、当然勝っておかしくない馬です。おそらく断然の1番人気になるでしょうね。ただ気になる材料がいくつかあります。1つは距離。川崎記念や川崎のJBCで2100まではこなしていますが、さすがに2600となると話は別。なんだかんだで9歳ですし、年齢を重ねると距離の守備範囲が短くなる傾向もあるので、うっかり脚の使いどころを間違えたりすると危ない部分もあると思います。2つ目は当日の馬場。今のところ水曜の東京は雨予報。馬場がしめって前が止まらないようなら辛いです。そして3つ目は、そもそもこのレースにどれだけ照準を合わせてきているかという点。目標は2000の重賞が続くこの先なはず。

 

それでもサウンドトゥルーほどの力がある馬なら楽に勝ってしまうかもしれませんが、今回はそれよりワークアンドラブの上昇度に惹かれてしまいました。この気持ちはもう抑えられないので本命にします。馬単で流して一発を狙います。

 

当然相手筆頭は⑦サウンドトゥルーで厚めに買いますが、もしサウンドトゥルーが3着以下に飛ぶなら途端に配当が上がってくるはず。③カンムル⑤スギノグローアップ⑩シュテルングランツ⑬エンパイアペガサス⑭ヤマノファイト⑮ユーロビートと手広く流します。①ワークアンドラブの2着付けで、1着に③カンムル⑩シュテルングランツ⑦サウンドトゥルー⑭ヤマノファイトという馬単も少し買いたいです。

 

③カンムルはようやく長いトンネルから抜けて来そうな雰囲気。一昨年の埼玉新聞栄冠賞の強さが戻れば。⑤スギノグローアップは東京記念の内強襲が印象的。好調の真島がどこまで持ってくるか。⑩シュテルングランツはこの距離では別馬になります。地方限定戦なら当然上位。⑬エンパイアペガサスは時計勝負が疑問ですが実績で上位。⑭ヤマノファイトは本来この距離は合わないでしょうが、能力は上。今回はスタートを決めたいですね。最後に距離実績豊富な⑮ユーロビート。昨年のリベンジを。

 

という予想ですが、ワークアンドラブの単勝がどのくらい付くのかが問題ですね。もし10倍くらいつくなら、サウンドトゥルーへの馬単の変わりに単勝を買うのもありかも。うまくいけば、単勝と他の馬との馬単の2重取りもあり得ますからね。

 

  • 馬単1着流し ①→⑦③⑤⑩⑬⑭⑮
  • 馬単2着流し ⑦③⑩⑭→①
  • (単勝 ①)
  • 勝負度 ★★★★☆