2019 名古屋 梅桜賞 とりあえずエムエスクイーン。

2019 名古屋 梅桜賞 とりあえずエムエスクイーン。

火曜の名古屋は牝馬重賞・梅桜賞が行われます。注目は名古屋の新女王・エムエスクイーンですね。8戦8勝、圧倒的な強さを誇っています。今回のハードルは初めての1800でどうかというところですが、私の本命は逆らわずに②エムエスクイーンで行こうと思います。

 

笠松への初遠征だった前走のライデンリーダー記念は思わぬ大苦戦でした。初輸送と初めての番手競馬に戸惑ったのか、最後の直線の脚色ではもう負けかと思わせました。しかしあそこから立て直すのは地力の証でしょうか。笠松のマイルで外外を回らされたのはやはり不利、それでいて調子もイマイチだったのかも。今回は地元戦ですし内枠を引きました。ハナでもいいですし、隣の③ハッピーフライトがいくなら2番手でもいいと思います。200メートルの距離延長ですが、これまでの名古屋での圧勝劇を見れば、200メートル伸びたところでひっくり返されることはないかなと思います。逆らう手なし、本命でいきます。

 

エムエスクイーンを本命にした以上、普通に買ってはあまり配当も跳ねないでしょうね。ここはヒモ穴を狙っていきたいです。先日のゴールドジュニアでは、ヒモ穴のオオエフォーチュンやサノオーソは読めていたのにテンマダイウェーブと渡瀬を軸にして大失敗でしたが、今回は大丈夫でしょうかね。

 

三連複のフォーメーションでいきます。1頭目を②エムエスクイーン、そして2頭目には園田の2頭、⑤チェリーフオール⑨トーセンジルコン、そして前走一変した④アビゲイルを指名したいと思います。⑤チェリーフオールは園田でも下級条件の連勝で評価は低いですが、レース内容から末脚がしっかりしていて器用さがある感じ。門別で1700まで経験があるのも強み。展開が紛れれば。⑨トーセンジルコンは前走スタートで挟まれて後方からの競馬で、最後はそこそこ詰めてきました。その前は2連勝。こちらも中央で1800を走っていますから期待できます。④アビゲイルは前走で一変しましたが、本来はあれくらい走っていい馬。まだアテにならない部分がありますが、枠順がいいのでエムエス・ハッピーの後ろの内内3番手で運べれば面白そう。

 

フォーメーション3頭目はそれに加えて、①ヤマショウハヤテ③ハッピーフライト⑥オイコイケ⑧リードメロディー⑩コロポックル⑪ナラ。本来なら③ハッピーフライト⑧リードメロディー⑪ナラが相手の有力候補ですが、どれも詰めの甘さを感じるので、無欲のレースをしそうな馬の台頭に賭けてみましたよ。ゴールドジュニアのリベンジをしたいところ。

 

  • 三連複フォーメーション ②-⑤⑨④-⑤⑨④①③⑥⑧⑩⑪
  • 勝負度 ★★★☆☆