2019 名古屋 新春ペガサスカップ、園田 園田クイーンセレクションをまとめて予想。

2019 名古屋 新春ペガサスカップ、園田 園田クイーンセレクションをまとめて予想。

水曜、名古屋では3歳重賞・新春ペガサスカップが、そして木曜の園田では3歳牝馬の重賞・園田クイーンセレクションが行われます。各地で3歳馬の戦いが活発になって楽しくなってきますね。今回はこの2つの重賞をまとめて予想してみたいと思います。

 

名古屋 新春ペガサスカップ エムエス不在なら、アンタエウスの独壇場か。

名古屋のマイル重賞。今年の名古屋の3歳世代といえば何と言ってもエムエスクイーンの一人横綱ムードなわけですが、このレースには出走せず。第2勢力以下の争いとなるわけですが、現在の名古屋の勢力分布図では2番手の大関クラスも強い馬がいます。⑥アンタエウス、この馬で固いでしょう。

 

スタートで出負けした新馬戦の800メートルで敗れて以降は、エムエスクイーン以外には負けていません。それも後続に1秒前後の着差をつけての好内容。基本的には逃げたい馬ですが、エムエスクイーンの2着に敗れた一戦では3番手からのレースも経験済み。しかも今回と同じ1600でしたし、展開や条件に注文はつきません。そのレースでも3着には8馬身差をつけています。よほどの出遅れでもない限り、崩れる要素は少なそうです。

 

相手は笠松の横綱、⑨ボルドープラージュ。ここ2戦敗れて勢いが落ちている気もしますが、前走はエムエスクイーンと僅差。名古屋コースが初めてなのが若干気になりますが、おそらく心配ないでしょう。先行からの安定感はここでは上位です。

 

⑥アンタエウスと⑨ボルドープラージュの2頭から三連複流し。大本命馬券なので、たくさん流したら確実にガミりますから、ここは外れるのを覚悟で人気薄のヒモ穴だけ買って見物もいいかもしれませんね。アンタエウスが積極的にレースを進めると見て、追い込み組がこわいかもしれません。オイコイケ④コマガイム⑦トーセンチェロキーあたり。もう一頭、①マイネルハイボーンも力はあるので、立ち回りひとつでは馬券圏内もありそう。おそらく⑫リードメロディーが3連系の馬券で売れるでしょうから、この馬のポカを期待しての買い方ですかね。

 

  • 三連複2頭軸流し ⑥⑨-③④⑦①
  • 勝負度 ★★☆☆☆

 

 

園田 園田クイーンセレクション ◎アリアナティーのまくりが炸裂

木曜・園田で行われる3歳牝馬重賞。毎年他地区の馬が参戦してきて波乱の決着もあったりする難解のレースですが、私の本命は⑥アリアナティーで決まっております。

 

以前このブログでも今後の注目馬として取り上げたことがあるのですが、とにかく新馬での出遅れからの鬼脚が強烈でした。2戦目でいきなり挑戦した重賞・兵庫若駒賞は、スタートで勝ったテンマダイウェーブに前をカットされる大きな不利。それでも最後は大外からよく伸びました。3戦目のアッパートライは結果的に距離が合わなかったようでグズグズの内容でしたが、前走の1400のアッパートライでは見事なまくりを披露。現段階ではこの距離がベストなのかもしれません。同条件、牝馬限定となればまた豪快なレースを見せてくれるのではないでしょうか。ここは強気に、三連単1着固定のフォーメーションでいきたいです。

 

1着は⑥アリアナティー、2着は⑤リリコ⑧アークダイヤ⑫ナラ、3着は⑤リリコ⑧アークダイヤ⑫ナラの他に、②ムーンコムレード④アヴニールレーヴ⑩イケノオテンチャン。気になるのは⑧アークダイヤ。小さな馬ですが、門別時代はなかなか強い馬と戦ってきました。乱戦になっての2着争いなら可能性は十分。笠松の⑫ナラは前走強敵相手の内容を評価。輸送を克服すれば。②ムーンコムレードもラチ沿いを走らせると面白い馬なので、内枠を味方に3着穴でどうでしょうか。

 

  • 三連単フォーメーション ⑥→⑤⑧⑫→⑤⑧⑫②④⑩
  • 勝負度 ★★★★☆