2019 中山 フェアリーS 血統と上積みでレーヴドカナロア◎

2019 中山 フェアリーS 血統と上積みでレーヴドカナロア◎

今週の中央競馬は3日間開催。土日月とすべて重賞があります。まず土曜は中山で荒れる重賞・フェアリーSがあります。このレースが荒れる要因は、キャリアが少ない明け3歳牝馬のレースなうえに、スケジュール的に現段階でのトップクラスの馬が出走してくることがまずないということ。さらに東京の新馬や未勝利を勝ってきた馬が多いところも予想を難しくさせます。結局やってみないとわからないレース。私はここは単純に血統・素質を信じて、⑥レーヴドカナロアを本命にしたいと思います。

 

なんと言っても良血馬。前走の大敗で人気を落としていますが、前走は1400でペースも合わなかったと思います。直線で内にささったりして追えない場面もありました。休み明けでしたし、今回は一度叩いて修正してくるでしょう。血統的に距離も延びた方がいいはず。札幌の1500で勝ってますし、中山マイルも合いそうな気がします。思い切って本命で。

 

レーヴドカナロアから流したいです。相手は①フィリアプーラ⑧ホウオウカトリーヌ⑯アマーティ⑬グレイスアンの4頭で。①フィリアプーラの前走は大外から豪快な差しきり。展開がはまった感じはありますが、中山マイルで好時計勝ちしてるのは強調材料。相手なりに走りそうですし、今の中山はハービンジャー向きの馬場。最内枠さえうまく処理ができれば。

 

⑧ホウオウカトリーヌはスプリント戦中心に使っているので距離は不安ですが、克服してしまえば中山戦のキャリアと2勝馬というアドバンテージがあります。走りを見ていると、止まる感じの馬ではなさそうですし、流れに乗ればなだれ込みもあるでしょう。

 

重賞3着の⑯アマーティですが、今年のサウジアラビアロイヤルカップのレベルについては、若干物足りない気もします。ただ新馬の内容は悪くなかったですし、時計だけで比較すれば今回の他の馬たちよりは遥かに速いタイムです。スタートさえスムーズなら、中山マイルでも大外枠が味方になる場合もありそうで外せないでしょう。

 

そしてもう一頭は、⑪アクアミラビリス⑬グレイスアンという府中マイルの新馬勝ちのどちらかで悩みましたが、馬券的な妙味と前走からの上がり目を考えて⑬グレイスアンを上に取りました。単純にこの2頭を比較すると、アクアミラビリスが420キロ台で、グレイスアンが490キロ台。大きな馬の方が叩いた上積みがあるという、競馬の基本的な考え方で決めました。時計もグレイスアンの方が速かったですし、チャンスは大きいと思います。

 

正直、これ以外の馬が台頭してきても全く驚けないレースですが、あまり手を広げられないですし、ここはレーヴドカナロアの一変を期待して心中。⑥レーヴドカナロアから、①フィリアプーラ⑧ホウオウカトリーヌ⑬グレイスアン⑯アマーティへ、ワイド・馬連・三連複流し。あくまでさっと買いたいです。

 

  • 馬連・ワイド・三連複流し ⑥-①⑧⑬⑯
  • 勝負度 ★★☆☆☆