2018 中山 有馬記念 サトノダイヤモンドで夢を見る◎

2018 中山 有馬記念 サトノダイヤモンドで夢を見る◎

有馬記念、最終予想です。枠順や展開予想は前回の記事にも書いたので、ここはさっそく見解を書きたいと思います。本命はなんと、⑥サトノダイヤモンドでいきます。

 

冴えないレースが続いていますが、それでもそんな馬でもなんとかなってしまうのが有馬記念。それだけ有馬記念は特殊なレースだと思います。コーナーが6つ。緩急の効いた展開。明らかに天皇賞やジャパンカップとは求められる才能が違います。ジャパンカップは持久力が問われますが、有馬記念で必要なのは、器用さと瞬発力。これまでこのレースで穴を開けた馬は、どれも瞬発力があって、うまく内をさばくことができた馬たちだと思います。近年ではクイーンズリング、トゥザワールド、オーシャンブルーといった馬たちがまさにそれです。

 

クイーンズリング、トゥザワールド、オーシャンブルーあたりでも連対できてしまうのが有馬記念。その点、サトノダイヤモンドは不振とは言え、京都大賞典を勝つ力はまだ持っています。力が足りないということはないでしょう。あとは中山2500の適性があるかどうか。

 

おととしの有馬記念の覇者ですが、今のサトノダイヤモンドと当時のサトノダイヤモンドではだいぶレース運びが違います。今のサトノダイヤモンドは、4コーナーまではいいのに、最後の200メートルで失速のパターン。宝塚記念は抜群の手応えでまくって4角先頭して伸びず、勝った京都大賞典も早めに抜け出してから最後は詰められました。前走のジャパンカップは後ろから行って、残り300くらいまではいい脚でしたが、そこからが失速。最後に脚が上がってしまいます。

 

ひょっとしたら今のサトノダイヤモンドは、若干マイラー寄りになってきてるんじゃないかなと思うんですね。その点、今回の中山はコーナーが多く脚をためられるコース。直線も短いですし、宝塚のような手応えであれば、4コーナー回って抜け出して、そのままぎりぎり持ちこたえるケースもあるんじゃないかなと思いました。過去に引退レースを飾ったオグリキャップやジェンティルドンナも、抜け出しの時の切れで勝った気がします。サトノダイヤモンドにもそれができる可能性がある気がします。枠順も最高。ここはミラクルに期待します。

 

サトノダイヤモンドの単勝と馬連・馬単1着固定流し。かなり人気がない様子なので、ざーっと流したいです。②クリンチャー③モズカッチャン④マカヒキ⑧ブラストワンピース⑩ミッキースワロー⑪ミッキーロケット⑫レイデオロ⑭キセキ⑮シュヴァルグラン⑯サクラアンプルールまで。あとワイドサトノダイヤモンドから⑩ミッキースワロー⑯サクラアンプルールへ遊びで。

 

枠順完璧の②クリンチャーは厚めにいきたいですね。⑫レイデオロはこの枠だと、やはり若干のコースロスは避けられないですし、天皇賞勝って少し緩められたりしてないか若干心配。有馬記念でそこまで無理をした仕上げをするか疑問なので抑え程度の評価に。⑭キセキは危惧されている「見えない疲れ」が気になるのと、中山適性が心配ですね。⑩ミッキースワロー⑯サクラアンプルールには、アドマイヤモナークのような一発を期待してみました。かなり厳しいとは思いますが、①オジュウチョウサンもうっかり走られたら悔しいので、最後にそっとワイドで。

 

  • 単勝 ⑥
  • 馬連・馬単1着固定流し ⑥→②③④⑧⑩⑪⑫⑭⑮⑯
  • ワイド流し ⑥-⑩⑯①
  • 勝負度 ★★★☆☆