2018 川崎 ロジータ記念 一発狙いでタオルデスカーフ◎

2018 川崎 ロジータ記念 一発狙いでタオルデスカーフ◎

火曜の川崎・ローレル賞は危惧していた通り、人気のホウショウレイルが飛んでしまいました。それでも当ブログの本命・スティールティアラが見事に4着ゲットということで無念の結果となりました。水曜のロジータ記念で逆転を狙いたいところ。本命は懲りずに穴狙いで、⑪タオルデスカーフにしてみます。

 

出馬表はこちら

元々中央未勝利から船橋へ移籍した馬ですが、中央・地方含めて、ダートでは3着を外したことがありません。レースぶりを見ていると、少しエンジンのかかりが遅い感じですが最後は必ず伸びてきます。これなら川崎ダート2100は合うんではないでしょうか。前走も意識的に脚をためるようなレースぶりで、ここ目標の気配も見えます。血統的にもこれから良くなっていきそうで、ここは人気もないですし期待したいです。前が止まってほしいですね。

 

当然相手にはまず、人気の⑩ゴールドパテック⑫クレイジーアクセルですね。どちらも関東オークスから、戸塚記念→サルビアカップという、徹底した川崎長距離ローテーション。戸塚記念では男馬相手に3着4着ときっちり走っていますし、安定しています。ただ、おそらくこの2頭は断然の人気になると思うので、穴を狙うにはどちらかが飛んだりしてほしいところ。

 

ひとつの比較として、関東オークスでゴールドパテックやクレイジーアクセルに勝ったJRAのハービンマオは、中央では未勝利勝ちのみで、中央時代のタオルデスカーフとそんなに力の差があるとも思えないんですね。なのでタオルデスカーフに川崎長距離の適性さえあれば、意外とやれるんじゃないかと思ってます。かなり強引な分析ですけども。

 

そういう比較で言うなら、もう一頭大穴として園田の⑦クリノアリエルも間に合う計算がたってしまいますね。中央時代は芝中心で、前走の園田が初ダート。結果、勝ったマーナガルムにちぎられての2着でしたが、マーナガルムは中央未勝利で2着2回の馬。3着以下には大差つけていますし、なかなか中身の濃いレースだったと思います。あとは川崎2100への適性だけ。適性さえあれば化ける可能性はあります。なにより人気薄なのが魅力。ノーマークの赤岡は怖いです。

 

馬単マルチ流しと三連複流しでいきます。馬単マルチはタオルデスカーフからクレイジーアクセル・ゴールドパテック・クリノアリエル、そして⑧ミスマンマミーアへ。三連複流しはこの4頭の他に、⑥クロスウィンド⑨マルカンセンサーも加えたいです。

 

⑧ミスマンマミーアは一時の大スランプからだいぶ立ち直ってきました。最近は開き直った後方待機策を取っていますから、流れが向くと突っ込んでくるかもしれません。前走の戸塚記念も、上がりだけならゴールドパテックより0.7秒速いですからね。前崩れを願うのみ。

 

⑥クロスウィンドはすんなりした競馬が理想ですが、今回はクレイジーアクセルやら④ファーストスキップやらが飛ばしそうなので展開的には楽ではないかなと思います。それでも流れとか関係なく走ってしまう時もある馬ではあるので、複穴で抑えておきます。⑨マルカンセンサーは前走、休み明けであのメンバー相手によく頑張ってます。この馬も川崎をこなせればという感じですね。

 

  • 馬単マルチ流し ⑪↔️⑦⑧⑩⑫
  • 三連複流し ⑪-⑦⑧⑩⑫⑥⑨