2018 船橋 平和賞 ペース流れれば、サージュ◎

2018 船橋 平和賞 ペース流れれば、サージュ◎

水曜は船橋で伝統の2歳重賞・平和賞が行われます。今年はなかなか力量比較が難しいメンバー。しかも逃げ・先行タイプが揃いまして、予想も難解。私はちょっとひねって、①サージュを本命にします。

 

門別デビューのこの馬ですが、初戦から1700あたりを使うあたり中距離向きの印象。2戦目のターフチャレンジはかなり強いメンバーで5着に破れましたが、ウィンターフェルから1秒以内なら悪くない内容。そのあと中央の芝のオープンに挑戦して掲示板は確保、前走は外を回りながらトーセンボルガを追い詰めて2着でしたが、後続には7馬身差をつけていました。1勝馬でありながら、毎回なかなか厳しい戦いで健闘しています。ちょっとテンに置かれそうなタイプなので、このメンバーだと後方からになるかもしれませんが、エンジンがかかれば末脚はこの中でも一番なはず。ペースも流れそうですし、内でロスなく進んでいければ差し切りもありと見て本命に推します。

 

①サージュから馬連流し。相手は②ファーストメロディ③カネトシテッキン⑤トーセンアイアン⑥ライズインザノース⑦アギト⑧マイティウォーリア⑨ヒカリオーソ⑩カジノフォンテン⑪ハルディネロ⑫トーセンガーネット⑭リュウノボサノバへ。ほぼ総流しですね。この中で高目待ちでしょうか。

 

上記の馬の中で穴っぽいのは、②ファーストメロディと⑧マイティウォーリアの門別勢。②ファーストメロディは勝つまでは厳しいと思いますが、どさくさで赤岡マジック炸裂もありかなと思いました。⑧マイティウォーリアのここ2戦は自分の競馬ができずの敗戦。うっかり単騎逃げに持ち込むとわかりませんよ。この2頭はワイドも買いたいです。あとは配当次第で①サージュの単勝も買いたいです。

 

気になるのは1戦1勝の⑩カジノフォンテンなんですが、ここがまだデビュー2戦目。相手も大幅強化、そして同型も多くジョッキー的な不安も重なってちょっと狙いづらい感じですかね。

 

  • 馬連流し ①-②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭
  • ワイド ①-②⑧
  • 単勝 ①
  • 勝負度 ★★★★☆