2018 京都 JBC3競走 JBCスプリント JBCクラシック JBCレディスクラシック まとめて大予想!

2018 京都 JBC3競走 JBCスプリント JBCクラシック JBCレディスクラシック まとめて大予想!

いよいよJBCがやってきました。今年は初めてのJRAでの開催ということでなかなか賛否両論があるようですが、私はかなりドキドキしてますよ。カツゲキキトキトやラブバレットやディアマルコなんて馬たちが淀を走るなんて、こんなケースしかないでしょうからね。地方競馬中心にお送りしている当ブログとしては、地方馬には結果にかかわらず頑張ってほしいと思うところです。今回は京都行われるこのJBC3競走を、まとめて予想していきたいと思います。

 

JBCスプリント キタサンミカヅキの三連複◎

地方馬にとって、打倒JRAの可能性がもっともあるレースがこのスプリントでしょう。前哨戦の東京盃で中央馬を2年連続で退けたキタサンミカヅキが大将格。しかしここは京都の軽いダートということで、大井のようにそううまくはいかないかなと思っております。それでも私の本命は④キタサンミカヅキなんですけどね。

 

当初は⑤マテラスカイ本命で行こうと思いましたが、メンバーを見渡して気になるのが浦和の⑩ノブワイルドの存在。今年の浦和の重賞2回を見ると、テンのスピードだけなら①ネロや⑥グレイスフルリープを上回っていますし、ここはせっかくの中央挑戦ですから悔いのないレースに出てくると思います。番手の競馬をしてもしょうがない馬ですから、とにかくムチを入れててでもハナを狙ってくるでしょう。そうなった場合、マテラスカイにとって厄介な存在になるのではないでしょうか。当然そうなれば、ネロやグレイスフルリープも苦しいレースになるはず。

 

そこでキタサンミカヅキ。前走の東京盃も同じ4枠から内を突いての差し切り。古い話ですが、中央時代に京都1200でエイシンヴァラーの3着した時に、一応1分9秒9というタイムは持っています。今のこの馬は当時より状態がいいはず。京都をこなす可能性がないわけではないと思います。正直、これが外枠だったら評価は下げるんですが、この4番枠という部分に賭けてみたいと思います。三連複の軸という感じではありますが、本命で。

 

当然、⑤マテラスカイも消すことはできないでしょう。展開が厳しいとは言え、持ち時計では断トツの存在。前走の東京盃は初大井ナイターに戸惑ったか、直線半ばで失速。しかし今回は叩き2戦目でもありますし、舞台は時計の速い京都のダート。プロキオンSでの大レコードを見れば、時計勝負は臨むところ。ノブワイルドさえさばければ、スピードで押し切ってしまうはず。

 

もしマテラスカイが派手に負けるとなったら、終いがしっかりしていて時計勝負に対応できる馬を買いたいですね。そうなれば⑬レッツゴードンキ。ダートでも実績がありますし、京都の軽いダートは合いそう。この2頭をキタサンミカヅキの相手にしたいです。

 

 

三連複フォーメーションで、1頭目にキタサンミカヅキ、2頭目にマテラスカイとレッツゴードンキ、3頭目はこの2頭の他、①ネロ⑥グレイスフルリープ、さらに⑧ナックビーナス⑨セイウンコウセイ⑭モーニン⑮テーオーヘリオス、そして⑫ラブバレットまで。ラブバレットは怖いと思います。昨年のクラスターカップの時計を見ると、軽いダートがいい馬かもしれません。意外と流れひとつだと思います。もし来たら、感動で号泣ですね。

 

  • 三連複フォーメーション ④‐⑤⑬‐⑤⑬①⑥⑧⑨⑫⑭⑮
  • 勝負度 ★★★☆☆

 

JBCレディスクラシック 京都実績を買って、フォンターナリーリ◎

JBCデーのラストを飾るレディスクラシック。今年の牝馬ダートグレード戦線は毎回勝ち馬が変わって大混戦。本来なら実績最上位のクイーンマンボでしょうが最近精彩を欠いていますし、ラビットランもまだまだ信用しきれない部分もあります。悩みましたが、ここは京都1800の適性を重視して、②フォンターナリーリを本命にします。

 

消去法で浮かび上がったのがこの馬という感じなのですが、強調点としては京都の1800ダートを走り慣れていること。6回走ってすべて馬券圏内。前走も初の交流重賞挑戦で、初の門別ナイターで不良の2000だったと考えれば頑張っていると思います。今回は前に行きたい馬も多く、内の①アイアンテーラーも主張していくなら、その後ろに入って経済コースを進めるのではないでしょうか。クリスチャン・デムーロのマジックに賭けてみたいです。

 

他の有力馬ですが、④ラビットランは多頭数の内枠をさばけるかどうか不安。③クイーンマンボはどうも気持ちが戻ってこないように見えます。⑩プリンシアコメータはハナに立つか立たないかでだいぶ結果が変わってくる馬。今回は①アイアンテーラー⑦カワキタエンカ⑨サルサディオーネといった逃げ馬がいますから、うまく運べるかどうか微妙。⑪リエノテソーロも距離と展開が不安、⑯アンジュデジールは大外が痛いところ。ということで、結果的に◎フォンターナリーリとなりました。

 

馬単裏表で、①アイアンテーラー③クイーンマンボ④ラビットラン⑦カワキタエンカ⑩プリンシアコメータ⑮ファッショニスタ⑯アンジュデジールへ流します。地方では大井の⑫ブランシェクールが一番強そうですが、時計の速いダートでは持ち味が生きないかも。今回は無印で。

 

  • 馬単マルチ流し ②↔️①③④⑦⑩⑮⑯
  • 勝負度 ★★★★☆

 

JBCクラシック 円熟のケイティブレイブ◎

メインレースであるJBCクラシック。馬券のポイントとしては、中央中心に走ってきた馬とダートグレードを戦ってきた馬との力関係。これまでの傾向を見ると、結局地方のダートグレード組の底力はバカにできないという感じ。ここは素直に⑧ケイティブレイブの実績を評価したいと思います。

 

今年の成績を見ると、芝スタートで距離不足だったフェブラリーS以外はほぼ完璧なレースぶり。最近はズブさもなくなりスピードや切れも備わってきた感じで、まさに円熟期を迎えた印象。斤量も1キロ減ですし、レースがしやすい枠に入りました。まず崩れないと見て本命です。

 

金曜の前売りの段階で配当がかなりいいんでビックリなんですが、おそらく最終的には2~3番人気にはなるかなと思います。もしこのまま6~7倍とかで行くなら単勝勝負でいけるんですがね。相手を探すなら人気どころがやはり強力。④サンライズソア⑦サウンドトゥルー⑨ノンコノユメ⑫アポロケンタッキー⑭オメガパフューム馬単マルチ流しで。個人的には⑪カツゲキキトキトを応援したいです。

 

  • 馬単マルチ流し ⑧↔️④⑦⑨⑫⑭
  • 単勝 ⑧(配当次第)

勝負度 ★★☆☆☆