2018 名古屋 ゴールド争覇 展開次第で大波乱も?!思いきってストーミーワンダー◎

2018 名古屋 ゴールド争覇 展開次第で大波乱も?!思いきってストーミーワンダー◎

今週は各地で重賞がたくさんありまして、どれもなかなか渋いメンバーが揃って楽しい感じですね。木曜は名古屋で1400の重賞・ゴールド争覇が行われますが、これもまた渋くいいメンバーです。センペンバンカの取消は残念ですが、それでも展開ひとつで着順が一変しそうなメンバー。私の本命は思いきって、笠松の③ストーミーワンダーにしました。

 

昨年の11月に笠松移籍してから、初戦は大敗しましたが、それから9連勝。ここ3戦はオープンで2着続きですが、3走前はその後にダートグレードを勝つ兵庫のエイシンバランサー相手でしたから仕方なし。前々走は休み明けで16キロ増、前走は距離が若干長かった上に展開も合いませんでした。まだ馬体に余裕がありそうなので、もう少し絞れてくれば、この強敵相手でもなんとか食らいつけるのではないでしょうか。

 

今回の見所はなんと言っても、北海道の⑥サトノプリンシパルと川崎の⑧ウェイトアンドシーの逃げ争い。どちらも逃げてこそのタイプ、さらにそこに金沢の⑦ナガラオリオンも絡んでいきそうですから、かなりペースは速くなりそうです。名古屋の⑩メモリートニックもテンに速いタイプですし、ストーミーワンダーはこの先行争いの後ろ、5~6番手の内でレースをするのではないでしょうかね。経済コースを通って、終いがかかる展開になれば面白そう。配当も期待できそうなので三連複の軸でいきたいです。

 

相手は今言った馬たちですが、この中ではメモリートニックは力量的にも厳しいですかね。ただそれ以外の馬も、期待と不安が入り交じってかなりスリル満点だと思います。最近の成績やレースレベルから考えて、やはりウェイトアンドシーが最有力でしょう。普通にやったら勝ってしまうでしょうが、ただこの馬もいろいろ不安はあります。まず同型・サトノプリンシパルの存在。ハナを叩かれると不安です。そして南関移籍後、徹底して左回りしか走らせてない点。右回り小回りをこなせるのか。やってみないとわかりません。

 

サトノプリンシパルも北海道で頑張っていますが、やはり最後止まってしまうのは相変わらず。1400でスンナリ逃げられればと願うところですが、今回はウェイトアンドシー参戦で展開的にはかなり厳しい立場と言えるでしょう。抑え程度まで。サトノプリンシパル同様に中央オープンだったナガラオリオンですが、こちらはスタートが不安なのと、最近は勝ってはいるものの最後ばたばたみたいなレースぶりが目につくのでなかなか心配ですね。ただ実績では一番。

 

前が全部止まるとなれば、当然浦和の②サトノタイガー。10歳ですし、昨年もこのレースでいいところなしだったのであまり大きな期待はかけられませんが、成績だけ見ると昨年の今頃よりは状態がいいのかもと思います。展開がはまれば。

 

馬券としては三連複1頭軸でストーミーワンダーから、ウェイトアンドシー・ナガラオリオン・サトノタイガー・サトノプリンシパルですかね。ウェイトアンドシーは厚目です。そして三連複2頭軸ストーミーワンダー・ウェイトアンドシーから、④サンデンバロン⑤メモリージルバ⑨ポルタディソーニ⑩メモリートニックといった名古屋勢にもちょっと流して遊びたいです。総崩れっぽい展開になったら、ストーミーワンダー・ウェイトアンドシー・サトノタイガーで三連単ボックスも面白いかも。夢は脹らみますね。

 

  • 三連複1頭軸 ③-⑧②⑥⑦
  • 三連複2頭軸 ③⑧-④⑤⑨⑩
  • 三連単ボックス ②③⑧
  • 自信度 なかなか楽しいレースになりそう。