2018 門別・門別スプリント…ラブバレットは絶対ではないぞ! 笠松・ジュニアクラウンも予想。

2018 門別・門別スプリント…ラブバレットは絶対ではないぞ! 笠松・ジュニアクラウンも予想。

木曜日の地方競馬は門別で重賞・道営スプリントがあります。そして笠松では2歳馬による準重賞・ジュニアクラウンも行われるので、まとめて予想してみます。まずは道営スプリントから。

門別・道営スプリント

門別で行われる1200のスプリント戦。最近の門別の古馬短距離戦線はなかなか層が厚い気がします。そこにもってきて今回は岩手から⑫ラブバレットが登場。6月の北海道スプリントカップではJRA勢相手に僅差の2着。門別も今回は2度目で当然有力になりそうですが、私は今回のラブバレットは絶対ではないと思ってます。

 

今年のラブバレットもJRA勢相手にかなりハイレベルな競馬をしてきてまして、地方馬相手なら大威張りなわけですが、昨年までと比べると若干ズブい傾向が出てきてるかなと思ってます。そこに持ってきて、前走のクラスターカップはおそらく1年間でも最大目標のレースだったはず。少なくとも今回は前走ほどではない状態と考えるのが妥当ではないでしょうか。ちなみにここ3年、クラスターカップの後の地元戦はすべて敗れています。距離が1600だったのが敗因ではあると思うんですが、いずれにせよ絶対ではないと思ってます。

 

ただ3着を外す可能性もなかなか低いでしょう。そうなると、ここは馬単フォーメーションで買うのが魅力的。組み合わせ次第でかなり配当も期待できるんじゃないですかね。今の門別の短距離のレベルを考えると逆転も可能だと思います。ラブバレットの相手候補に考えたいのが、②メイショウアイアン③カツゲキライデン④アップトゥユー⑥サトノプリンシパル⑭ナリユキマカセ

 

メイショウアイアンは移籍後のレースの内容がいいですし、前走のクラスターカップは11キロ増で太めでしたが、最後はいい脚で伸びました。ラブバレットと0.7差でしたし、門別なら差は詰まるか、あるいは逆転まであるかも。カツゲキライデンも安定してます。北海道スプリントカップもしぶとい競馬で5着で差はないでしょう。アップトゥユーは久々の短距離戦ですが、2歳時にエーデルワイス賞でリエノテソーロの2着があります。展開的には厳しいですが未知の魅力がありますね。快速サトノプリンシパルは当然一発があるでしょう。前走の時計だけ走れば逃げてそのままもあります。ナリユキマカセは勝ちまでは厳しいですが、2着なら注意。

 

馬単フォーメーションで、1着をメイショウアイアン・カツゲキライデン・アップトゥユー・サトノプリンシパル、2着にこの5頭にラブバレットとナリユキマカセを加えます。どうせラブバレット1着の馬券はつかないですしね。楽しむならこの買い方かなと思います。

 

  • 馬単フォーメーション ②③④⑥-②③④⑥⑫⑭
  • 自信度 ちょっと期待してます。

 

 

笠松・ジュニアクラウン

このレースは9月に行われた秋風ジュニアの再戦と見て間違いないんじゃないでしょうかね。距離も一緒ですし、秋風ジュニアで1、2着だった門別出身馬・③ボルドープラージュ⑨エリアントは当然有力です。食い込むならその秋風ジュニアに出ていなかった⑥フォアフロント。前走が余裕十分の勝ち方。秋風ジュニアで3、4着だった②ドリームノーティス⑩クニノゲランには差をつけてますし、悪くても元門別勢の後ろには入るでしょう。あとは逆転できるか。時計的には足ります。

 

馬券的には三連複1点か三連単3頭ボックスでしょうか。ただ配当は期待できないですかね。他の馬では時計的に食い込む余地はない気がするので、三連複でどーんと買うか、馬単ボックス6点でよくオッズを見定めて、金額の割合を変えて工夫して買うかですね。

 

  • 三連複・三連単ボックス ③⑥⑨
  • 自信度 銀行レースになればいいですけどね。出遅れがない限り大丈夫でしょうが、こういうことを書くと出遅れたりするのが競馬ではあります。