2018 浦和・オーバルスプリント アンサンブルライフの複穴◎

2018 浦和・オーバルスプリント アンサンブルライフの複穴◎

振替休日の月曜、浦和では交流重賞・オーバルスプリントが行われます。メンバーを見ると速い馬が多くて乱戦の予感。ということで、今回はちょっと遊んでみました。本命は⑥アンサンブルライフでいきます。

 

まずこのレースのポイントは展開。内から①スアデラ②ノブワイルド⑨ネロといったあたりがハナ争いをしそう。特にノブワイルドは逃げないとどうしようもない馬なので、さきたま杯のように何が何でも行く構えでしょう。他にも⑤ウインムート⑫オウケンビリーヴあたりも前にはつけていたいはずで、ペースが速くなることは確実。かと言って後方一気と言うのも、小回りの浦和ではなかなか難しそう。そうなるとスピードの持続力のある馬から買いたいところ。

 

アンサンブルライフはその点、テンのスピードやすぱっと切れる脚はないですが、粘っこくバテずに走り続ける力があります。地元馬相手でもなかなか勝てない馬ですが、そんな中で古くは全日本2歳優駿で3着、そして同じ浦和1400のダートグレード・さきたま杯ではこの2年で4着・3着と好成績。相手なりに走るタイプで、むしろレースのレベルが上がった方が能力を存分に発揮しやすいタイプなのかなと思います。前走のプラチナカップは惨敗でしたが、58キロの斤量がたたったようにも見えました。今回は54キロ。今年のさきたま杯3着の時よりも2キロ軽いですし、浦和1400も合いそうで、良い条件が揃いました。複勝圏内に飛び込んでくることを祈って◎。

 

三連複1頭軸でアンサンブルライフから。相手にはまず③ドライヴナイト⑤ウインムート⑫オウケンビリーヴのJRA勢へ。ドライヴナイトが一番穴が少なそうですが、初の地方遠征でどうなるか。ウインムートも同様に初地方が心配なのと、ここ何戦かは2番手からスンナリの競馬が叶って好走してますが、もし内で揉まれこんだりすると不安が残ります。ただ近走の内容から、やはり能力上位ではありますね。オウケンビリーヴは外枠でスムーズに競馬ができそうです。

 

そしてこの3頭に加えて、②ノブワイルドのまさかの粘り込みも若干警戒したいです。前走、地元馬相手ながらサニーデイズに2・5秒差なら立派な内容。ネロがスタートからあまりガリガリと絡んで来なければわからないです。一方その⑨ネロですが、さきたま杯を見ると4回コーナーで1ハロン延長というのは微妙に厳しいのかも。抑えまでで。

 

  • 三連複1頭軸流し ⑥-③⑤⑫②⑨
  • 自信度 波乱を祈ります。