2018 オールカマー・神戸新聞杯予想…◎レイデオロ◎エポカドーロ

2018 オールカマー・神戸新聞杯予想…◎レイデオロ◎エポカドーロ

今週は秋のビッグタイトルに向けた大事なステップレース、オールカマー神戸新聞杯があります。いよいよ本格的な秋競馬という感じですね。かなり普通な予想になってしまいましたが、それぞれ触れてみたいと思います。

中山・オールカマー

まず中山の古馬G2・オールカマー。今年はレイデオロとアルアインという昨年のクラシックホースが2頭、そしてグランプリホースのゴールドアクターも含めて3頭のG1馬が揃うという豪華版。注目の一戦ですが、私の本命は素直にダービー馬・⑦レイデオロで行きたいと思います。

 

今年は2着4着と物足りないですが、どちらも休み明けだったり道悪だったり海外だったりと理由のある敗戦と言えます。とは言え、連敗は連敗ですから、このオールカマーはある程度格好をつけておきたいところ。かなり充実した調教も積めているようですし、ホープフルSを勝った中山。乗れているルメールと条件は揃いました。大人しく◎を打たせていただきます。

 

ただ、相手はかなり難しいんじゃないかと思ってます。当然皐月賞馬①アルアインが有力視されてますが、皐月賞以来勝ち星がないのが気になるところ。2200も少し長い気がしますし、最近は末の甘さが目につきます。直線で何かにやられるような気がしてならないです。

 

そうなると春に活躍した②ダンビュライト③ガンコの方が魅力な気がします。ダンビュライトは1月のAJCCで勝ってますからコース相性がありますし、ガンコも先行抜け出しタイプで中山2200向きなはず。先週のジェネラーレウーノタイプですね。④マイネルミラノの後ろにつけて2~3番手追走なら理想的じゃないでしょうか。そして⑧ゴールドアクター。連続シンガリ負けですが、あくまで気持ちの問題での敗戦でしょうし、メンタル次第で思わぬ好走もあるかも。

 

レイデオロの三連単1着固定で、相手にダンビュライト・ガンコ・ゴールドアクター・そして一応アルアインへ流します。ダンビュライトとガンコは厚めに。

 

  • 三連単1着流し ⑦→②③①⑧
  • 自信度 本当は⑦→①②→①②の気持ち。

 

 

阪神・神戸新聞杯

こちらは今年の皐月賞馬・エポカドーロとダービー馬・ワグネリアン、そしてホープフルS勝ちのタイムフライヤーという3頭が揃いました。他も重賞勝ち馬だらけで、一見かなり豪華なメンバー。

 

しかし、ここまで実績豊富な馬が揃ってしまうと、あくまで「本番は菊花賞」というレースになってしまいそうに思います。ここでなんとか権利を取りたいという馬も少ないですし、みんな折り合いに専念、という感じになるんじゃないですかね。そうなれば、かなり牽制しあう展開になるんではないかなと思いまして、私の予想はひとまず◎⑧エポカドーロ○⑥メイショウテッコンの先行馬2頭の馬連1点でいきます。

 

エポカドーロは皐月賞馬でベストは1800~2000だと思いますが、ダービーの内容を見る通り2400も十分守備範囲。気性的に休み明けも走りそう。一方メイショウテッコンは、前走・前々走と1800で連勝してますが、ベストは2400あたりでの持久力を生かした逃げ。2月の2400の梅花賞でもエタリオウやサトノワルキューレを退けてますし、あの当時より馬もしっかりしてきた様子。もし逃げられなくても、他の馬をいかせて2番手でも十分戦えます。重賞勝ち馬として、しぶといレースを期待したいです。

 

ダービー馬・③ワグネリアンですが、ステップレースの印象が強い上に、右回りと乗り替わりが不安。特に乗り替わりですが、なかなか乗り難しそうな馬なので、ここでのテン乗りはやはり気になりますね。馬券外もありえると思います。

 

馬連でエポカドーロ・メイショウテッコン1点。もし三連複も買うなら、この2頭からの流しで。三連複は配当次第ですかね。ダート中心の⑦⑩以外ならどの馬にもチャンスありです。

 

  • 馬連 ⑥-⑧
  • 自信度 何倍つきますかね。10倍前後ですかね。