2018 笠松・オータムカップ→◎ミキノハルモニー、園田・プリンセスカップ→グロリアスカメオ

2018 笠松・オータムカップ→◎ミキノハルモニー、園田・プリンセスカップ→グロリアスカメオ

今週木曜の地方競馬は笠松と園田で重賞があります。どちらも混戦で難しいレースとなりそう。園田の2歳重賞には注目の馬も出てきますし見所も豊富。2レースまとめて予想してみたいと思います。

 

笠松・オータムカップ

笠松の中距離重賞ですが、例年園田勢が活躍しているこのレース。ただ今年の園田の2頭はバリバリのオープン馬というわけでもないので混戦模様。地元馬も勝ったり負けたりしているメンバーでかなり難しいですが、本命は金沢の①ミキノハルモニーにしました。

 

中央準オープンの力は上ですが、地方に戻ってからは今一つの内容。ただこの2戦はかなりいい末脚を披露。状態が戻ってきたでしょうかね。今回、1枠で脚をためる展開になれば、あの切れ味が炸裂するのではないかと期待してます。三走前の名港盃は仕掛けどころが間違ってしまっただけで内容は悪くなく、うまく修正できれば。

 

馬連とワイド、そして三連複でちょっと買ってみたいですね。ミキノハルモニーがどれだけ売れるか謎ですがね。相手はひとまず④メモリージルバ②ヴェリイブライト。どちらも重賞ウイナーで実力上位。ただ、結構ポカもある馬なので、飛んでもおかしくありません。穴なら⑩アンカーマン。外枠で好成績が多く、オグリキャップ記念2着の再現を期待したいです。園田勢2頭は実績もそうですが、レースを見てもかなりのジリ脚なので、勝負処で劣勢になってしまわないか不安です。軽視してみました。

  • 馬連・ワイド・三連複BOX ①-②④⑩
  • 自信度 すぱっと決めてほしい。

 

 

園田・園田プリンセスカップ

2歳牝馬の重賞、そしてグランダムジャパン2歳シーズンの開幕戦。今年も門別から何頭かやってきますし、金沢からは注目の無敗馬も参戦。楽しみな一戦になりましたが、私の本命は門別の⑨グロリアスカメオにしました。

 

ここまで3戦走って2→2→1着と堅実。3つのレースを見て感じたのは、少しジリっぽいかなという点。今回はスピードタイプの馬が揃っており、このジリっぽさがいい方に出てくれはしないかと期待してみました。前走もうまく内をさばいてのしぶとい勝ち方。最後の底力勝負でアドバンテージがある気がします。1400の距離も合うはず。あとは吉原マジックにまた期待します。

 

グロリアスカメオを三連複フォーメーションの軸で、2頭目は②ビービージェンマ⑥ピュアドリーマー⑩ブレイクフリーの門別勢と、金沢の⑦ワンモアグローリーへ。門別勢3頭はどれもスピードタイプで、園田1400への適性が未知数ですが能力は高いはず。実績なら断然ピュアドリーマーなんですが、少しワンペースなタイプで末が甘い印象があるので不安。注目の金沢・ワンモアグローリーですが、ここ3戦はやはり相手に恵まれていたとは思います。ただ時計などを見れば、大物の可能性は十分。強力な門別の馬たち相手のここで、いろいろとわかってくると思います。逃げれなかった場合、そして輸送競馬でどうなるのか。おそらく一番人気になるでしょうし、今回は配当的な妙味からも一旦2頭目評価に下げたいと思います。

 

3頭目はその他に、④ムーンコムレード⑧アヴニールレーヴ⑪リリコの園田勢を。ただちょっと他地区の馬とは力の差がある気もします。意外とムーンコムレードなんかがやるかもしれないですけどね。ずっと経済コースを通れそうですし。大穴です。いずれにしろ、グロリアスカメオはさほど人気にならないでしょうし、手広く行きたいです。

 

  • 三連複フォーメーション ⑨-②⑥⑦⑩-②⑥⑦④⑧⑪
  • 自信度 吉原さんがなんとかしてくれる。