2018 金沢・イヌワシ賞、名古屋・秋桜賞をまとめて予想!

2018 金沢・イヌワシ賞、名古屋・秋桜賞をまとめて予想!

9月11日火曜は、なぜか全国で3重賞が行われます。なぜ3つも重ねたんでしょうかね。ひとまず、ここでは金沢のイヌワシ賞と、名古屋の秋桜賞を予想してみたいと思います。どちらも好メンバーでなかなか難解、悩み甲斐のあるレースとなっております。

 

金沢・イヌワシ賞

2000メートルの全国交流重賞。最近は園田のエーシンクリアーが毎年活躍していたレースですが、今年は引退して不在。新興勢力も多く力の比較が難しそうです。そんな中、本命は④ドリームズラインにしました。

 

3歳時は東海3歳最強馬でしたが、古馬相手になったあたりでまったく走らなくなりましたね。ひどい負け方が多かったので、どちらかというとメンタル的なものなのかと思っていましたが、金沢に移籍してから環境が合うのか復活の兆し。前々走3着の後、前走でこの馬らしいまくりを決めました。ピッチ走法で、小回り金沢もピッタリ。成長カーブや走り方も父・ドリームジャーニーっぽいです。ナガラオリオンがいますからペースもそれなりに流れそうで、展開もはまるかも。前走から更なる良化も見込めますし、完全復活を期待したいです。

 

当然、実力馬⑪ナガラオリオンが相手になりますが、距離延長と乗り替わりが気になりますね。血統は完全に短距離寄りですし、自滅の可能性も大いに秘めている気がします。それなら⑤モズオトコマエ。門別で本格化の兆し。ここ3戦の内容も濃いです。あとは地震による調整の狂いがどれほどだったのかが気になるところ。そして地元の⑩マイネルリボーン。前3戦を見るとかなり状態が良さそう。中距離実績は言うまでもなく、百万石賞勝ちの勢いもあります。この3頭が強力。

 

その他、⑧ミッキーヘネシー⑥ムーンファーストも展開が嵌まるとこわい馬です。もう1頭、園田の⑦キングカヌヌが中央実績を考えれば変わり身があるかもしれないので、3着穴に抑えたいです。

 

三連単フォーメーションでドリームズラインを1着固定2着にナガラオリオン・モズオトコマエ・マイネルリボーン・ミッキーヘネシー・ムーンファースト。そして3着にはそれらに加えてキングカヌヌ。ナガラオリオンが飛ぶとかなり配当的に美味しそうです。

 

  • 三連単フォーメーション ④→⑤⑥⑧⑩⑪→⑤⑥⑧⑩⑪⑦
  • 自信度 ドリームズラインと心中。

 

 

秋桜賞

名古屋の1400で行われる牝馬限定の全国重賞。こちらも他地区からの遠征馬が多く混戦。このレースのポイントしては、アンジュキッスという南関東の快速馬の存在。かなりペースが速くなるのではないでしょうか。それでいてスピードも求められそうなので、時計もあって、持久力もあるタイプから狙いたいです。ということで本命は、人気にはなるでしょうが①ポルタディソーニ

 

前々走の名港盃は牡馬の強豪相手で1900、そして休み明けで惨敗しましたが、それ以外のレースは安定しています。前走も無理せずの圧勝。それでいて28秒台で走っているわけですから、スピード能力の高さを感じますね。そして心強いのは、1枠での成績が素晴らしいところ。1・1・2・1着で、2着のレースも相手はカツゲキキトキトだったので仕方なし。前に馬を置いていけるレースは合っていそうで、アンジュキッスをマークできる今回は条件が揃いました。なかなか自信のある本命です。

 

相手筆頭は⑪スターレーン。とにかく崩れないですし、ソラを使うタイプで、前走も最後出し抜けを食った感じ。今回は外目から好位に取りついていける展開になりそうで、崩れる要素も少なそう。逃げる展開より、前に馬がいる方がいいタイプだと思います。

 

他ではやはり②ディアマルコや、③ラミアカーサ④エースウィズ⑫アンジュキッスあたり。ディアマルコは、前走は金沢の馬場が合わなかった感じかも。名古屋も勝ち星こそないですが、何度か走っているのでもう少し走れそう。ただ、枠順と距離、そしてこの2戦の体重減が不安です。それならエースウィズのもう一丁や、ラミアカーサも前走の勝ちっぷりが良く、差しの展開になれば。アンジュキッスも出来さえまともなら、そのまま一気に行ってしまうかもしれません。

 

三連単1頭軸で1着ポルタディソーニに固定相手にスターレーン・ディアマルコ・ラミアカーサ・エースウィズ・アンジュキッス。その中でも1着ポルタディソーニ・2着スターレーンの流しは厚く買いたいです。

 

  • 三連単1頭軸 ①→⑪②③④⑫
  • 自信度 これは勝負レースですね。ディアマルコに売れてほしいです。