2018 大井・アフター5スター賞 キタサンミカヅキは貫禄の◎、アピアは不安…

2018 大井・アフター5スター賞 キタサンミカヅキは貫禄の◎、アピアは不安…

水曜の南関東重賞は短距離戦、アフター5スター。秋のダートグレード・短距離戦線に向けて、南関からの代表を決める上でも重要なレース。今年も1200巧者が揃いましたが、本命はやはり⑫キタサンミカヅキでいいでしょう。

 

実力はもう言うまでもないですね。今回の不安はやはり59キロ。しかし前走のプラチナカップの58キロでの快勝や、春のフジノウェーブ記念の59キロのレースを見ればこなせるはず。森泰斗とのコンビも二度目。秋に向けて負けられないところです。

 

ただ、差し馬だけに差し届かないこともありそう。一応軸ですが、三連複フォーメーションでいきたいです。1頭目にキタサンミカヅキ、そして2頭目に⑧スアデラ⑨タイセイラナキラ⑩コーリンベリーで。

 

スアデラは元々のスプリント能力とスタートセンスはここでも上位。スランプでしたが、前走大外から逃げた脚に復活の兆しが見えました。タイセイラナキラは大井の1200との相性が中央時代から良いですね。最後少し甘くなる感じもありますが、斤量が魅力です。そしてコーリンベリー。当然ここでは実績最上位。前走の南関東移籍挑戦のしらさぎ賞は、休み明けでテンから激しく競りかけられて最後止まりましたが、今回は大井の1200に戻って55キロなら、何もかも条件は好転しています。抑えないわけにはいかないでしょう。そしてこの3頭はみんな、枠順が手頃な枠で良いと思います。

 

そしてフォーメーションの3頭目には、スアデラ・タイセイラナキラ・コーリンベリーの他、③キャンドルグラス④スウィープアウェイ⑪プリサイスキング⑬アピア⑭マルモリロイヤル⑮サトノタイガーまで。この中で人気になるであろうアピアですが、あくまで抑え候補までにとどめました。ここ最近1000メートル戦が多いのと、前走は出負けもあったでしょうが、最後に手綱を抑えたとしても脚が甘くなったのが気になりました。枠順も外すぎるし、ここは切り時かなと思いました。この馬が飛べば、多少オッズも期待できますかね。

  • 三連複フォーメーション ⑫ー⑧⑨⑩ー⑧⑨⑩③④⑪⑬⑭⑮
  • 自信度 これで当てないと、8月は惨敗ですね。いやはや。