2018 金沢・加賀友禅賞 行ったもん勝ちか?三連単フォーメーションで。

2018 金沢・加賀友禅賞 行ったもん勝ちか?三連単フォーメーションで。

今日の重賞は金沢の加賀友禅賞。このレースの難しいところは、最近1500あたりを中心に使われていた馬ばかりなのに、なかなか施行されない1300で実施されるということ。参考レースが少ない上に、基本的に逃げ有利。スタートから1コーナーまででだいぶ勝負が決まると言って良いでしょう。今回は逃げ候補の馬も揃っていて、予想が大変です。

今回逃げたいであろう馬は、①アイムホーム④カンカン⑥シオジスター⑦ペニテンテス。おそらくこの中から勝ち馬が出るとは思いますが、1コーナーまで激しい争いになりそうで、その中でカンカンは自分の形に持ち込めないと難しい気がするので評価を下げたいですね。そして人気になりそうですが、アイムホームは枠順が内すぎるし、逃げ馬ですがスタート自体は普通な馬だと思うので、ハナは奪えないんじゃないかと思ってます。そうなれば、シオジスターとペニテンテス。勝つ馬はこのどちらかじゃないでしょうか。

 

どちらが勝つかはスタート次第だと思います。シオジスターは重賞実績豊富でテンに速い。ペニテンテスは目下3連勝中。叩き3戦目のローテーションも好感が持てます。芝の九州産限定戦とは言え、中央未勝利3着の成績は上位。能力的にも信頼できます。

 

この2頭を1着にした、三連単フォーメーションで買ってみたいです。問題は2・3着候補。2・3着となると話がだいぶ変わってきて、差しも届くと思います。ただ小回りの短距離戦なので、外からぶん回す感じの差しより、内で経済コースを通って、直線少し外に出すタイプの差し馬でないと厳しいでしょう。

 

そうなれば②ロンプフェイス⑤ビバラエポボン。どちらも末脚は堅実。そして③マナレアも元々は重賞実績がある馬で、新馬は900で勝利。短距離の差し馬の可能性もあり、叩き2戦目で枠順的にも要注意です。差しの中ではこの3頭を候補に加えたいです。

 

馬単フォーメーションで、1着にシオジスターとペニテンテス、2着にシオジスター・ペニテンテスに加えて、ロンプフェイス・ビバラエポボン・マナレア。そしてもう1頭、枠順は外すぎますが、移籍2戦目の⑩コスモフェリーク。金沢の馬場への慣れも見込めますし、勝ちまではないまでも馬券圏内ならあるんじゃないでしょうかね。

 

シオジスターとペニテンテスが優勝候補ですが、先行争いに負けた方は着外もあると思うので、そのあたりの紛れに期待したいです。

 

  • 三連単フォーメーション ⑥⑦→⑥⑦②③⑤⑩→⑥⑦②③⑤⑩
  • 自信度 ガミりますかね。まあいいか。