2018 門別・エトワール賞、金沢・読売レディス杯、佐賀・サマーチャンピオンを一気に予想。

2018 門別・エトワール賞、金沢・読売レディス杯、佐賀・サマーチャンピオンを一気に予想。

世の中はお盆ということで、地方競馬は当然のように重賞を連発しております。今回は14日の火曜に行われる3重賞、門別の短距離戦・エトワール賞、金沢の牝馬重賞・読売レディス杯、そして佐賀のダートグレード・サマーチャンピオンをまとめて予想していきたいと思います。なかなか難解なレースが多いですが、それぞれコンパクトに見ていきます。

 

門別・エトワール賞

なかなか快速馬揃いで難解な様相。当日の馬場コンディションも影響しそうで、今のところ雨予報。展開としてはタイセイバンデッド・サトノプリンシパル・コールサインゼロの先行争いでペースがどうなるかがポイントですが、どの馬も本当は逃げたいタイプだと思うので、自分の形に持ち込めなかった馬はもろいはず。それなら、それら逃げ馬を見ていけるポジションの馬が有利と見ました。なので、本命は⑧カツゲキライデンでいきます。

 

テンにいくスピードもありますし、近走は大きく崩れません。ダートグレードの北海道スプリントカップでは、なかなか積極的な競馬でJRA勢の一頭を食うことに成功。そこではサトノプリンシパルにも大きく先着しました。前走もタイセイバンデッドに先着。目下の好調さとスピードの持久力を評価します。速い時計の決着にも対応できそう。

 

カツゲキライデンから馬単マルチで、相手は①タイセイバンデッド⑤サトノプリンシパル、他に⑥サウスリバティー⑫コールサインゼロ⑦セクシーボーイも軽く抑えます。

 

  • 馬単マルチ ⑧↔️①⑤⑥⑦⑫
  • 自信度 まずまず。

 

 

金沢・読売レディス

ここは兵庫サマークイーン賞圧勝の③ディアマルコに逆らいようがありません。現在またピークに来ている感じです。馬単1着固定で。

 

2着はまず⑥スターレーン。ソラを使うタイプで2着の多い馬ですが反面安定しています。叩き3戦目で走り頃。他に⑦ラモントルドール⑨プリモガナドールも先行力あり有力でしょう。一応この3頭で大丈夫かなと思います。遊びの三連単をちょろっと買うとしたら、3着⑧アクアレジーナ固定で。

 

  • 馬単 ③→⑥⑦⑨
  • 三連単 ③→⑥⑦⑨→⑧
  • 自信度 これはありますね。

 

 

佐賀・サマーチャンピオン

佐賀のダートグレード、サマーチャンピオンですが、これはかなり難解なレースになりそうです。それでいて、結局そんなに波乱もないのかな、という感じで、どちらかというとハイリスクローリターンなレースな気もします。

 

有力は③ブルミラコロ④タイセイエクレール⑨ルグランフリソン。ダートと距離実績的にはこの3頭かなという気がします。この中で、やはり枠順的に有利なのはルグランフリソンでしょうか。この枠なら好位で不利なく立ち回れそうです。一応軸で。

 

三連複も考えましたがローリターンになってしまいそうなので、馬単マルチでシンプルにいきます。相手はブルミラコロ・タイセイエクレールの他、⑥タイセイプライド⑧ヨシオ⑩エイシンバランサー⑪エイシンヴァラーまで。あとはオッズと相談でしょうか。兵庫・新子厩舎のエイシン2頭がどこまでやるかというところ。

 

  • 馬単 ⑨↔️③④⑥⑧⑩⑪
  • 自信度 儲けるにはエイシンさんに頑張ってもらうしかないです。