今週の札幌競馬は中央VS地方が熱い!

今週の札幌競馬は中央VS地方が熱い!

タイトル通りなのですが、今度の土日の札幌競馬には、地方競馬所属馬がいろいろ参戦します。結構いい勝負をしそうなので、地方競馬応援という意味も込めて紹介したいと思います。

 

コスモス賞(札幌土曜10R・芝1800)

まず土曜札幌10Rの、2歳オープンのコスモス賞。例年門別所属馬が多数出走して、中央馬とがっぷり四つの戦いを見せるこのレース。昨年は今年のスプリングS勝ちのステルヴィオが勝って、門別のミスマンマミーアとハッピーグリンが2、3着。そして後方に敗れてはしまいましたが、クロスウィンドやヤマノファイトといった地方のビッグネームも出走していました。今年も登録馬の半数以上の6頭が門別馬という組合せ。活躍が期待できそうです。

 

中央勢では東京の新馬を勝ったアガラストーセンギムレットが注目ですが、門別勢ではやはり3戦2勝のウィンターフェルが筆頭格。大きな走りをする馬で芝の中距離は合うはず。そしてそのウィンターフェルが勝ったレースで2、3、5着だったのがナイママ、マイコート、サージュ。このあたりも芝適性次第で僅差でしょう。エアースピーダー、ライズインザノースはちょっと落ちるかもしれません。ウィンターフェルとナイママは共にダノンバラード産駒で、このレース次第ではダノンバラードの種牡馬としての評価に影響を与えそうですね。

 

STV賞(札幌土曜11R・芝1500)

同じ日のメインは1000万下のSTV賞。こちらにはハッピーグリンリュウノユキナという門別所属馬2頭が出走。どちらも中央経験豊富。特にハッピーグリンは前走のオープン・巴賞で僅差の3着。ここは1000万下ですし、メンバー的にも若干手薄。確勝といきたいところ。シグナライズあたりがライバルになるでしょうか。リュウノユキナも少し距離は長いですが、流れひとつで一発あるかもしれません。

 

エルムS(札幌日曜・ダート1700)

日曜札幌のメインは重賞・エルムS。こちらには船橋所属のリッカルドが登場します。鞍上にはルメール。南関東移籍してから重賞4連勝、前走の帝王賞も見せ場を作って4着。エルムSも一昨年、中央時代に勝っていますし、距離短縮はプラス材料。決めて勝負ではなかなか難しいですが、4コーナーまででいいポジションを取れればチャンスもありそうです。ミツバ、ハイランドピーク、ロンドンタウン、ドリームキラリなど、ライバルもなかなか強そうなので激しい戦いになりそう。

 

 

ということで、今週の札幌戦に注目です。この時期の札幌は普通の条件戦にも門別勢が挑戦してきて、どこかで穴をあけたりしますし面白いです。地方競馬を取り上げる機会が多いこのブログとしては応援したいですね。