2018 サンタアニタトロフィー 充実一途のフォクスホール◎

2018 サンタアニタトロフィー 充実一途のフォクスホール◎

水曜の大井のメインは、真夏恒例のマイル重賞・サンタアニタトロフィーです。去年はゴーディーが5年ぶりにサンタアニタトロフィーを勝ってびっくりしましたが、今年も見所豊富なメンバーです。しかもハンデ戦で難しいところですが、本命は⑨フォクスホールにしました。

 

若干格下感はありますが、元々3歳時はクラシック路線を歩んでいた馬。詰めの甘さがあって、2着10回3着6回と伸び悩んでいましたが、この2戦を見るといよいよ本格化の様相。前々走はハイラップで逃げたニシノラピートを捕まえに行って、最後にバルダッサーレに差された形の2着。内容としては悪くありませんでした。そして前走が浦和のA2戦だったとは言え圧巻の競馬。調教のようなレースでの好時計勝ち。最後は馬なりで、ラスト2Fが13.0-13.0だったのでまだ時計は詰められたはず。今回は大幅に相手強化ですが、斤量は1キロ減りますし、バルダッサーレが人気になるならこの馬でも差はないと思いました。配当的にも魅力なので、先行抜け出しを期待して◎でいきます。

 

三連複1頭軸で手広く流してみたいです。相手は①モンドアルジェンテ②ムサシキングオー⑥サージェントバッジ⑩リアライズリンクス⑪バルダッサーレ⑫ニシノラピート⑬ヒガシウィルウィン

 

モンドアルジェンテは昔からスタートに難がある馬で最内枠は不利ですが、うまく捌ければ。ムサシキングオーも外枠の方がいい馬ですが、今開催は内有利なので、こちらもポジション取りひとつですね。サージェントバッジは大井記念で最後いい脚を見せました。前走ヒガシウィルウィンと0.5秒差でしたが、前走の同斤から今回は4キロ差。逆転もあるかも。リアライズリンクスはよくわからない馬です。来る時は来るので抑えます。バルダッサーレの2連勝は復活を感じさせますが、ここ2戦の切れ味を見ると、昔に比べてちょっと短距離寄りになってきてるかなとも思ってます。今開催は内の先行有利なので、差しが決まるかどうか。ニシノラピートは、今は大井のマイルがベストな感じがします。今回は同型のゴーディーがいるので、すんなりと運べるかどうか。ヒガシウィルウィンは59キロの斤量の克服がすべて。底力は認めますが最近はかなりズブいですし、内回りのマイルで外外を回されたりすると意外な着順もありえそう。

 

ということで、各馬一長一短という印象。ここはフォクスホールから高目待ちを決め込みたいと思います。内を突く馬が怖いですね。ちなみに④カンムルはもう少し距離が欲しいですし、58キロでは苦しいと見ました。

 

  • 三連複1頭軸 ⑨-①②⑥⑩⑪⑫⑬
  • 自信度 まずまず。あとは配当。(人気薄へ馬連流しもいいかも)