2018 大井・トゥインクルバースデー賞(エピカリス初陣)、門別・ブリーダーズゴールドジュニアカップについて軽く。

2018 大井・トゥインクルバースデー賞(エピカリス初陣)、門別・ブリーダーズゴールドジュニアカップについて軽く。

明日は門別で2歳重賞・ブリーダーズゴールドジュニアカップが行われます。外回り1700の重賞ということで、かなり難しそうな一戦。軽く予想してみます。そして明日は大井のメインのオープン戦に、あのエピカリスが南関東転厩初戦を迎えます。そちらも軽く触れたいと思います。軽くです。

 

門別・ブリーダーズゴールドジュニアカップ

かなり文字数が多いレース名ですね。2歳馬にとって初の中距離重賞。しかも今年は内回りのマイルではなくて外回りの1700ということで、さらに中距離適性が問われそうです。

 

ひとまず本命は⑤ホワイトヘッドにしてみます。栄冠賞好走組を取るか、中距離組を取るかというのがこのレースの焦点なわけですが、この馬の前走の勝ち方は中距離適性の高さを示すものだったと思います。栄冠賞にも出走していましたが、1200の外枠で振り回されての大敗。それでも最後はいい脚で来ていました。やはり長い距離の方が合いそうです。

 

馬単流しのマルチで、相手は②マイティウォーリア④サクセッサー⑥イグナシオドーロ⑧イッキトウセン⑨ステッペンウルフへ。このあたりは1700ですし、やってみないとわからない面々。イグナシオドーロなんかは意外と中距離向きな気もしますし、サクセッサーのあっさりもあり得ます。うまく配当がはねるといいですね。

 

  • 馬単流しマルチ ⑤↔️②④⑥⑧⑨
  • 自信度 人気が他の馬にいきますように。

 

 

 

大井でエピカリス出走!トゥインクルバースデー賞

一方、大井では2000のオープン戦・トゥインクルバースデー賞が行われます。これがほぼ重賞級のメンバー。楽しみな一戦です。そしてなにより注目なのが、中央から移籍初戦のエピカリスです。

 

UAEダービー2着で、ベルモントSにまで挑戦した馬(取消でしたが)。帰国後は期待外れのレースが続いていましたが、4歳春にして早くも南関入り。メンタル的な問題もあるのでしょうか、環境の変化やレース条件などに再起のきっかけを掴もうという感じなんですかね。

 

ひとまず私も⑦エピカリス◎でいいと思います。確かに近走不振ですが、正直なところこの相手なら、前走のマーチS・14着くらいの成績くらいなら勝負になってしまうと思います。あれが状態の底だったと考えるなら、少しでも立て直されていればここは勝てるはず。そう思いたいです。

 

相手候補は、本来②ディアドムスが当然有力ですが、どうも今年は昨年ほどの勢いがありません。それなら⑥サブノクロヒョウが大井記念だけ走れば、展開的にも向くし安定していると思います。前走もレースレベルが高すぎただけで、この馬の時計は走れていますからね。

 

まずエピカリス→サブノクロヒョウから三連単流し。3着候補ディアドムス、堅実な③キングニミッツ⑤クラージュドール。あとは、中央実績上位の④ヨヨギマックを抑えますが、怖いのは春の金盃で見せ場を作った⑩アサクサスターズ。格下ですが、移籍後の走りを見ていると大井と相性が良さそう。前走もほぼ勝ちに等しい内容ですし、思いきってアサクサスターズの2着付けの三連単も買ってみたいと思います。こっちが来ると、かなり馬券的には面白そうなので期待します。

 

  • 三連単フォーメーション ⑦→⑥⑩→⑥⑩③④⑤
  • 自信度 エピカリスも注目ですが、馬券的にはアサクサスターズも注目。

 

ということで、明日の門別・大井ナイターは目が離せません。そして個人的にはアサクサスターズから目が離せません。