2018 園田・兵庫サマークイーン賞 復調したディアマルコ◎、穴に☆ダンシング

2018 園田・兵庫サマークイーン賞 復調したディアマルコ◎、穴に☆ダンシング

今週の「そのきんナイター」は重賞・兵庫サマークイーン賞です。グランダムジャパン・古馬シーズンの一戦でもあるこの競走、各地からいい馬が集まって興味深い一戦となりそうです。3連覇を狙う高知のディアマルコ、昨年のグランダムジャパン3歳シーズンの女王である大井のステップオブダンス、そして園田の女王・トーコーヴィーナスも復活にかけます。その中で私の本命は、④ディアマルコにしました。素直ですね。

 

去年の秋くらいから少し調子を崩したのか、地元でもそう簡単に勝てなくなってきて、3歳時からかなり使い込まれて遠征も多かった馬ですし、衰えが出てきたかなと思っていました。しかし前々走の佐賀ヴィーナスカップがかなり強い内容での勝利。ここにも出走しているナナヨンハーバーを問題にしないレースぶりでした。前走は多少余裕残しで順当勝ちで完全に復調した感じ。やはりグランダムジャパンに合わせて調子をあげてきた感じがあります。昨年、一昨年とこのレースを快勝。園田も西日本ダービーでマイタイザンの2着に負けたレース以外は負けなし。ひとまず本命でいいでしょう。

 

取捨選択に悩むのは全国区の実績馬2頭。⑥ステップオブダンスは南関でも牝馬トップの実力馬で、昨年の関東オークスで中央馬相手に3着。昨年のグランダムジャパン3歳シーズンを逆転で優勝しました。ただその後、休み明けで地元のロジータ記念を勝ったあとは順調さを欠く感じ。今回、立て直されているかがポイント。若干右回りに不安がある点も気になりますが、調子が戻っていればディアマルコ以上の力があるのは間違いないです。もう一頭、園田の女王である⑨トーコーヴィーナスも、絶好調だった一昨年以降はあまりレースにも使えず。復帰後も、ここ2戦いいところがありません。ただ、あのララベルに食い下がっていた馬。ダートグレードのレディスプレリュードでホワイトフーガと同着2着、スパーキングレディーカップで5着の実績はメンバー随一。前走の園田戦を叩いて変わる可能性はあります。前走でも先行力は見せましたし、息が持てば結果は違ってくるかもしれません。

 

その他の馬では、少し格落ちの印象は否めません。②ラミアカーサ⑧ナナヨンハーバーが園田でオープン馬ですが、どちらも1230~1400の馬。1700では不安です。吉原の①アクアレジーナも少し時計不足。⑤クイントゥープルも中距離実績がありますが、格下ですし脚抜きのいい馬場の方が良さそう。

 

それなら思い切って、完全に穴なんですが佐賀の⑪ダンシングはどうでしょうか。最近は調子悪いですが、昨年暮れの中島記念だけ走るとチャンスは出てきます。中距離戦の方が良さそうですし、一応スーパーマックスには先着してますからね。輸送をクリアできれば。

 

馬券的になかなか買いづらい一戦ですが、ひとまずディアマルコが連を外すということはないかなと思います。そしてステップオブダンスも一応順調には来ているようなので、この2頭中心ですかね。トーコーヴィーナスはまだ厳しいでしょうか。とりあえず馬単でディアマルコ・ステップオブダンスの裏表。そしてこの2頭から、3着にダンシングをつけた三連単を遊びで。あと、ステップオブダンスがポカをした場合に備えて、ディアマルコからダンシング、トーコーヴィーナス、アクアレジーナ、クイントゥープル、ナナヨンハーバーへ馬単流しも抑えで買いますかね。いずれにしても、あまり大勝負はできないですかね。

 

  • 馬単 ④⇔⑥
  • 三連単フォーメーション ④⑥→④⑥→⑪
  • 馬単 ④→①⑤⑧⑨⑪
  • 自信度 ダンシングの激走に淡い期待を抱きながら、のんびりと観戦したいです。