2018 門別・王冠賞、ムラ馬多く難解…ビジネスライク◎

2018 門別・王冠賞、ムラ馬多く難解…ビジネスライク◎

今夜は北海道3歳3冠の最終戦、王冠賞が行われます。今年は1冠目の北斗賞と2冠目の北海優駿の結果が極端すぎて、予想がかなり難しいですね。ひとまず私の本命は②ビジネスライクでいきたいと思います。

 

まず北斗賞と北海優駿を振り返りますと、北斗賞サザンヴィグラスが7馬身差の圧勝。門別のマイルでスピードの違いを見せつけました。続く北海優駿カツゲキジャパンが3~4コーナーで内から上がっていって抜け出し快勝、逃げたクロスウィンドが粘って2着。サザンヴィグラスは直線で失速。勝ち馬から2秒4離されて大敗でした。

 

1600内回りの北斗賞は純粋な瞬発力勝負で、サザンヴィグラスのスピードが生きました。逆に2000の外回りだった北海優駿は完全にスタミナ勝負。先行争いも激化して、勝ったカツゲキジャパンの上がりが42秒7ですから、北斗賞とは真逆のレースと見ていいでしょう。ちなみにスピードタイプのクロスウィンドが北斗賞では惨敗して、北海優駿の方で粘っていますが、これは北海優駿が前も後ろも全馬バタバタになるレースで、結果としてスピード耐性のあるクロスウィンドが前半のリードを利用して粘った、ということなのかなと思ってます。

 

今回の王冠賞は、この2つのレースの間の距離・1800ということでとても迷いますね。展開も読みづらいです。落ち着きそうな気もしますが、最近の内伸びの門別馬場を考えると、先行勢もある程度積極的に行くかもしれません。有力どころも、ちょっと展開が狂うと大凡走もあるムラなタイプが多いですから、馬券を買うのに悩みます。

 

そんな中で◎はビジネスライク。消去法というか、一番穴が少なそうだなと思って本命を打ちました。3走前にはカツゲキジャパンに楽勝してますし力はあります。ここ2戦は最後甘くなってますが、4コーナーでは共にいい手応えで上がっていってます。距離の1800で外回りだと正直ギリギリですが、この機動力を信じたいです。勝ちきるのは難しいかもしれませんが、3着までなら最有力と見ました。

 

相手は当然⑦サザンヴィグラスですが、他に買いたいのは⑧ツルノシン⑩マットドッグでしょうか。ツルノシンはここ2戦はちょっとポジションが前過ぎたかもしれません。人気も落とし、今回は後方待機作戦かなと思うので、末脚を行かせればどさくさで上位進出もあるかなと思いますね。マットドッグは元々力がある馬です。前走はハイラップを内から好位追走、最後は脚が上がりましたが、もう少し流れが落ち着けばチャンスありでしょう。頭数が減って距離短縮で外枠と、条件は良いです。

 

①カツゲキジャパンはあくまで前が止まってくれないと厳しいでしょうし、⑤クロスウィンドは良いか悪いかがはっきりしたタイプだけに控えめに。③マイネルセボンは相手が一気に上がる印象なので厳しいかなと思いますが未知の魅力はあります。ただそれなら⑥ドラゴンハートの方がひかれますかね。これらが抑え候補。

 

三連複フォーメーション1頭目ビジネスライク2頭目にサザンヴィグラス、ツルノシン、マットドッグ3頭目サザン、ツルノシン、マットに加えて、カツゲキジャパン、マイネルセボン、クロスウィンド、ドラゴンハートへ。あと馬連でビジネスライクからこれらの馬に流してみるのも面白いかなと思ってます。

 

  • 三連複フォーメーション ②-⑦⑧⑩-⑦⑧⑩①③⑤⑥
  • 馬連 ②-⑦⑧⑩①③⑤⑥
  • 自信度 なかなかあるかも。ビジネスライクの人気が落ち着いてもらえるとうれしい。