2018 船橋・習志野きらっとスプリント アピアの相手はおじさん2頭で。

2018 船橋・習志野きらっとスプリント アピアの相手はおじさん2頭で。

水曜の船橋は、スーパースプリントシリーズの決勝とも言える一戦、『習志野きらっとスプリント』が行われます。とは言うものの、今年各地のスーパースプリントシリーズで勝った馬は、園田FCスプリントを同着で勝ったエイシンテキサス一頭しか今回出てきません。せっかくのシリーズ戦なのにさみしい話です。おまけに前日の火曜、金沢で『金沢スプリントカップ』もありまして、そこに日本海スプリントの勝ち馬のジッテが出ていましたからね。もう少し各地区でカレンダーを連携できるといいんですが…。そんな中で今回の予想ですが、本命はひとまず⑤アピアでいいでしょう。

 

中央入りして調子を崩した感じでしたが、南関東に復帰してからは見事に復活。ダートグレード競走の前走以外では、7戦6勝3着1回とほぼパーフェクトなレース。その前走も、先着されたスノードラゴンやニシケンモノノフと言ったビッグネームとは僅差。今回は1000メートルに距離が短縮しますが、3戦3勝と負けなしの条件。3走前の船橋記念で船橋の1000も経験してますし、内で脚をためて直線抜け出す圧勝のレースぶり。枠順もまずまずで、ここは狙いすましての一戦でしょうから負けられません。

 

三連単1着固定でいきますが、2着争いは熾烈です。展開ひとつでどこからでもというところ。候補としては、①サトノスピードオー③フラットライナーズ⑨サトノタイガー⑩サクラレグナム⑪クルセイズスピリツ⑭タイセイバンデットの6頭だと思ってますが、まずサトノスピードオーはちょっと評価を下げたいですかね。ここ3戦で2度出遅れてますし、最内枠も器用なタイプではないだけにどうでしょうか。タイセイバンデットはできればもうひと叩きほしかったところ。クルセイズスピリツは初の古馬相手が不安。斤量は魅力ですが。

 

そうなってくると怖いのは、6枠のベテラン2頭じゃないでしょうか。サトノタイガーは1月の船橋記念で外から追い込んアピアの2着。中野の好騎乗もありましたが、成績を見ると900~1000では大きく崩れないタイプ。前走も横一線の2着争いには参加していましたし、混戦になれば浮上してくる可能性はあるでしょう。隣のサクラレグナムは現在では高知所属ですが、春まで大井にいた馬。中央ではオープンだった馬で、昨年のフジノウェーブ記念で3着など実績は上位。前走のダートグレードのさきたま杯では展開の助けがあったにせよ、ノブワイルドやネロ、ベストウォーリアなどにも先着してますし力は健在。というか、一時のスランプから若干持ち直してきている雰囲気すらあります。道中の行きっぷりもなかなかでした。1000メートルは中央・地方通じて初めてですが、こういう短距離馬が高年齢になってくると距離の守備範囲がだんだん短くなっていく印象がありますし、前走の行きっぷりからかえって向くんじゃないでしょうか。田中守調教師は過去にサクラシャイニーできらっとスプリントに2度挑戦して4着が2回あり、過去にこのレースの経験があるのは強みだと思います。

 

ここはちょっと穴っぽく勝負。三連単でアピアは1着で固定して変則的なフォーメーション買いをしたいと思います。まず2着にサトノタイガー・サクラレグナム3着にサトノ・サクラの他、サトノスピードオー・フラットライナーズ・クルセイズスピリツ・タイセイバンデットという馬券がひとつ。そしてその逆の、3着サトノタイガー・サクラレグナムで2着に同じ面々へ流すという、2通りの三連単フォーメーション買いです。普通に考えたら、アピア→フラットライナーズのラインは強力ではありますが、あくまで高配当狙いで。「笹川と赤岡ならやってくれる。どっちかが来る。」と信じて、穴を狙います。

 

  • 三連単フォーメーション
  •  ⑤→⑨⑩→⑨⑩①③⑪⑭
  •  ⑤→⑨⑩①③⑪⑭→⑨⑩
  • 自信度 おじさんたちに頑張ってもらいたい。