【レース回顧】 2018 門別 『ノースクイーンカップ』&『星雲賞』

【レース回顧】 2018 門別 『ノースクイーンカップ』&『星雲賞』

ノースクイーンカップ

前走が全馬、ヒダカソウカップに出走しているという異例のメンバー。しかし予想記事にも書きましたが、結果はまったく違うものとなりました。ヒダカソウカップでは内回りのマイルの不良馬場に苦戦したジュエルクイーンでしたが、今回は外回りの1800の良馬場ということで、底力を存分に発揮して勝利。逃げたアップトゥユーはだいぶ状態も戻ってきたようで、やはり強い馬だと感じました。十巻オーバーラップ気味には見えますが、元来ああいう競馬しかできないタイプでもあると思うので仕方ないでしょう。

ちなみに、交流の重賞でもし勝負になるとしたら、ジリっぽいジュエルクイーンよりも、スピードのあるアップトゥユーの方な気がします。トーコーヴィーナスっぽいイメージもありますしね。ディナスティーアはやはり、今回はなにもかも条件が合わなかったようです。アルティマウェポンとクオリティスタートは速いラップを追いかけて、最後脚をなくた印象。1着2着が強かったということでしょうね。

(予想結果)3着のノーブルサファイアが見事にヒモ抜け。期待したジュンアイノキミが僅差の5着で悶絶。

 

 

星雲賞

少頭数ながら実績馬が揃った注目の一戦。3連覇がかかったオヤコダカは、今年の不振を象徴するように3番手追走がいっぱいの形。逃げたサトノプリンシパルを余裕の手ごたえで追走したスーパーステションが直線早々に先頭に立つと、追い込んだ2着モズオトコマエに7馬身差をつけて重賞3連勝。苦戦すると思われた内回り1600でこの強さですから、完全に門別の現王者となったと言っていいでしょう。時計も1.39.9と好時計。去年不良馬場のヒダカソウカップでジュエルクイーンが出したレコードと0.1秒差で、最後は余裕もありましたから素晴らしいです。前走、前々走で下したドラゴンエアルが、先週の盛岡のマーキュリーカップで中央馬相手に4着と好走、全国レベル的にも評価できます。次はどこを使うのでしょうかね。これは相当強いと思いますよ。できればエルムステークスとかで見たいですけどね。

モズオトコマエはうまくいった感じのレースでしたが、ある程度力がなければここまでは走れないと思います。サトノプリンシパルは苦しい競馬でしたが、58キロで3着ならよく頑張った方だと思います。オヤコダカは心配ですね。立て直せればいいですが。スピード・粘りともに昨年と比べて明らかに落ちてます。

(予想結果)サトノプリンシパル本命で心中でしたが、スーパーステションの能力を完全に見誤って撃沈でした。これも覚悟の上での予想でしたけどね。