2018 金沢スプリントカップ 打倒エイシンスパルタンならディアグリスター

2018 金沢スプリントカップ 打倒エイシンスパルタンならディアグリスター

火曜の金沢では、1400の重賞・金沢スプリントカップが行われます。毎年地元・他地区からスピード自慢が集まって比較が難しく、そこがなかなか楽しいレースです。昨年はライスエイトが一気に逃げきってちょっと波乱。今年は一頭大本命馬がいますね。⑨エイシンスパルタン。やはりこの馬が最有力であることは間違いないでしょう。

 

中央でも重賞に手が届くくらいの実力馬。園田に移籍してからもダートグレード以外は負けなし。勝ち方も圧勝ですから、やはり中心に考えるべきでしょう。ただ馬券的な妙味はあまりないかなとも思いますし、隙がないわけでもないかなと思ってます。

 

その隙とは、馬場と展開。まず馬場ですが、園田に移籍してから稍重が一回で、そのあとは全部不良馬場。元々芝馬ですから、足抜きが良くてスピードが出る馬場向きの可能性があります。おそらく今回は移籍後初の良馬場になるでしょうから、いつものスピードが削がれる可能性もあるでしょう。稍重でも強い競馬をしてますから、大丈夫かもしれませんけどね。

 

もう一点は展開。今回はライスエイトやジッテ、そこにチーフアセスメントとベルサリエーレ、ハドウホウあたりも前に行きますから、遅いペースにはならないはず。あんまりガチャガチャした展開になった場合、ダートグレードの大敗のような感じで、100%の力が発揮できない可能性もある気がします。タメて切れるタイプではなさそうですしね。外枠を引いたのはラッキーだと思いますが。

 

どちらも、重箱の隅をつついた感じですが、まさかの敗戦もないわけではないんじゃないでしょうか。なによりそうなれば、馬券的にはちょっと面白くなってまいります。そこで一発を期待したいのが、地元金沢の⑧ディアグリスター

 

金沢移籍後の4戦を見てみると、中距離の重賞を使った2戦は着順が悪かったですが、1500の2つのレースはどちらも圧勝。上がりが共に37秒台で、抜群の切れ味。中央時代は1800あたりを使われていた馬ですが、今のこの馬は少し短めの距離の方がハマりそうです。今回は展開的にも速い馬が多いですから、外目から前の馬を見ていって、後半一気に進出という理想的な競馬ができるんじゃないでしょうか。エイシンスパルタンが決して切れるタイプではないので、うまく3~4コーナーで射程圏にいれられれば、決め手勝負で差しきれる可能性もあるんじゃないでしょうかね。もしエイシンスパルタンが圧勝した場合でも、エイシンスパルタンが先行勢をねじ伏せた後、この馬の差し脚が決まる可能性も高まってくる気がします。馬券的には信頼しやすい馬だと思います。

 

馬単エイシンスパルタンディアグリスターの裏表。そして三連単でこの2頭の裏表から、穴っぽいところで③ノースウッド⑦トウショウプライドへ。ノースウッドは中央の成績から1400が良さそう。トウショウプライドは時々混戦で顔を出しますから3着穴で期待したいです。あと、ディアグリスターの単勝がうっかりつくようなら、ちょっと抑えたいです。

 

  • 馬単 ⑧↔️⑨
  • 三連単フォーメーション ⑧↔️⑨→③⑦
  • 単勝 ⑧
  • 自信度 エイシン以外の園田勢に人気がかぶりますように。