2018 笠松 サマーカップ エイシンバランサー今度こそ◎

2018 笠松 サマーカップ エイシンバランサー今度こそ◎

木曜、笠松では夏のスプリント重賞・サマーカップが行われます。例年園田勢が活躍しているこのレース。今年も園田から一頭参戦しています。私の本命はと言いますと、やはり園田からの刺客、④エイシンバランサーです。

 

園田から…とは言うものの、前走が園田移籍初戦でした。前走は中央時代にオープンで1秒以内のレースをしていた馬ですから断然人気だったのですが、結果は4着。ただレース内容としては、かなり大暴れというか、1コーナーでは外に膨らみましたし、最後の直線も内にささって大変でした。最後のゴール板のところでは一番伸びていましたが時すでに遅し。小回り園田の1230に大苦戦した感じですね。1コーナーの膨らみ方を見ても、最後の直線の伸び方を見ても、トップスピードに乗った時にはもうカーブの入口、って感じの印象でしたね。

 

今回は小回り2戦目ですし、少しでも距離が伸びるのはいいんじゃないでしょうか。前走は体重も22キロ増でしたから、反応も変わってくるはず。微妙な違いですが、全馬が57キロ(牝馬55キロ)を背負う点もプラスに働く気がします。下原騎手が今回はコントロールしてくれると信じて◎。

 

三連単1着固定で、相手はかなり混戦。候補は①ストーミーワンダー⑤ダイヤモンドダンス⑦ヴェリテ⑧マリオーロ⑨メモリートニック⑩ベルボーム。この6頭は接戦だと思います。①ストーミーワンダーは現在9連勝中で底を見せていませんし、⑤ダイヤモンドダンスは休み明けの前走がまずまず。1400の実績も豊富。⑦ヴェリテは本来のベストは1600~1800ですんなり先行の展開なんでしょうが、笠松移籍2戦目の上積みがあるだけに気になります。⑧マリオーロは中央準オープンで、今年春のダート2戦は奮いませんでしたが、当時はデキも今一つだった感じがします。笠松の軽いダートなら変わっても。⑨メモリートニックも前走オープン勝ちの4歳馬で、今回斤量が増えるものの勢いはあり。⑩ベルボームもすんなりと流れに乗れば、スピードがある馬だけに台頭ありそう。外枠は好材料なはず。

 

エイシンバランサーからこの6頭に3連単で流して高目待ち…なんですが、そんなに高い配当がつくかどうかが難しいところですね。どれかを厚く買うなら、ダイヤモンドダンスとベルボームでしょうかね。実績を重視して。

 

  • 三連単1着固定 ④→⑤⑩①⑦⑧⑨
  • 自信度 ガミるかどうか。エイシンバランサーが笠松でどれだけ売れますかねぇ。そっとしておいてほしいです。