2018 ジャパンダートダービー 安定感でドンフォルティス◎

2018 ジャパンダートダービー 安定感でドンフォルティス◎

水曜の大井のメインは、3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービー。今年は例年以上にJRA勢のレベルが高い感じで、地方勢には昨年のヒガシウィルウィンのように頑張ってほしいですが、ちょっと難しい感じですね。私の本命は⑧ドンフォルティスです。

 

昨年北海道2歳優駿は勝ったものの、年末の全日本2歳優駿ではルヴァンスレーヴに敗れ2着。しかしこれは不利があっての敗戦。今年初戦の伏竜Sでは見事にリベンジしました。ドンフォルティスが57キロ、ルヴァンスレーヴが56キロだったことを考えると、評価できるレース内容だったと思います。叩き2戦目ですし、長くいい脚を使える馬で、他の馬に比べて距離延長は苦にしなさそう。遠征経験でも他のJRA勢よりリードしてる感じですし、鞍上も大井の神様とも言える武豊に戻ります。この馬から入るのが安全だと思って本命にします。

 

①ルヴァンスレーヴも当然勝っておかしくないですが、今回不安なのは距離延長。すぱっと切れるタイプだと思うので、少なくとも大井の2000はプラスではないと思います。右回りコースも、実際に中山でドンフォルティスに負けています。サウスポーという可能性もあるでしょう。あとはデムーロマジックとこの枠順を味方につければ逆転も…というところですが、今回は総合点でドンフォルティスを上に取りました。

 

弱点も多そうなルヴァンスレーヴ、展開次第で2着を外す可能性もあると思います。若干配当的な願望もありますけどね。3連単の人気上位がほとんどドンフォルティスとルヴァンスレーヴの裏表からなのを見ると、どうしても一波乱を期待してしまいます。そうなると他のJRA勢になるわけですが、ひとまず⑤バイラはだいぶ落ちると思います。ただ、バイラ以外の4頭はほとんど差がないでしょう。

 

③グレートタイムは4走前にテーオーエナジーに勝っていて、前走はルヴァンスレーヴの2着。1800を主に使われていますから中距離慣れしている部分も心強いです。⑨テーオーエナジーは前走はさすがにお呼びでない感じになってしまいましたが、3走前の阪神の1800ダート・1.52.5で圧勝の内容ならチャンスはあるでしょう。すでに交流重賞を勝っている点もプラス材料。⑫ハーベストムーンは今回はどういう作戦に出るかですが、現実にグレートタイムには勝っている馬なので、当然2番手争いには加えないといけないでしょうね。そして⑭オメガパフューム。前走古馬相手の1000万戦を快勝。まだ底を見せてません。このローテーションは今までにあまり例がないですね。要注意です。

 

ということで、ドンフォルティスを信頼して三連単1着固定2、3着をJRA勢5頭に流して20点。とても面白くない予想になってしまいました。2着候補で特に推したいのはテーオーエナジーオメガパフュームですけどね。ちょっと厚く買ってみましょうかね。地方勢ではやはりハセノパイロですが、決め手と時計が不足してるのは明らかじゃないでしょうか。

 

  • 三連単1着固定 ⑧→⑨⑭①③⑫
  • 自信度 ルヴァンスレーヴに勝たれたら、明日に向かって前向きに歩いていくしかないと思っております。