2018 笠松 クイーンカップ ウォーターループを素直に評価◎

2018 笠松 クイーンカップ ウォーターループを素直に評価◎

今日、笠松では『クイーンカップ』が行われます。園田からも実績のある2頭が参戦してきましたが、ここは素直に④ウォーターループ本命で行きたいと思います。

 

ここ3戦のレースぶりがとても良いですね。3走前の東海クイーンカップ(名古屋)は積極的なレースで、レコパンハロウィーに早めに来られたものの、また突き放して圧勝。2走前のぎふ清流カップでは、火曜・大井の優駿スプリントを制したクルセイズスピリツを外から差して快勝、のちの東海ダービー馬・ビップレイジングにも勝っています。前走の東海ダービーは、大本命だったサムライドライブをはやめに追いかけた結果、最後ビップレイジングにやられてしまいましたが3着確保。どれも強い相手にハイレベルなレースを続けています。4走前の若草賞は1400で出遅れてしまったので参考外ですし、なにより当時と今では馬が変わってきてる気がします。牝馬相手では簡単には負けないでしょう。三連単1着固定でいきます。

 

相手探しですが、なかなか難解。実績なら当然園田の⑧レコパンハロウィーですが、さすがにローテーションがきつすぎる感じですし、少し最近はズブさが目立つようになってきた感じ。距離短縮は良いと思いますが、笠松だと差し遅れも十分考えられるでしょう。それなら同じ園田から遠征してきた②フセノランの方が魅力。こちらは一度笠松遠征してますし、ここに来てぎふ清流カップのレベルの高さがわ判明してきた感じで、そこでの僅差4着なら評価できます。こちらも距離短縮はプラスですし、内枠で下原となればレコパンより高い評価を与えて良いかもしれません。

 

怖いのは前々でレースする馬ですが、少し格下感が強いので厳しい感じもします。その中で気になるとしたら⑥サラヒメ。前走は古馬のA3に混じって好走。だいぶ状態が上がってきた感じがします。重賞勝ち馬ですし、ポンと好位につけられればウォーターループ撃破は難しくても2着なら全然ありえると思います。①スマイルサンティエは勝負どころでの反応が今ひとつで勝ちきれない近走ですが、それだけに距離が1ハロン伸びるのがプラスに作用する可能性はあります。格下ですが穴で買ってみたいです。連勝している⑤マーメイドモアナですが、相手強化ですし時計をかなり詰めないと難しいです。5月10日のぎふ清流カップ同日の3歳特別の内容を見ると清流カップ組に勝つのは大変ですが、単騎逃げになっての3着くらいならありえるかもしれません。

 

3連単でウォーターループの1着固定のフォーメーション2着候補に園田の2頭、フセノランとレコパンハロウィー、そしてサラヒメスマイルサンティエ3着はそれらに加えてマーメイドモアナと、少し穴っぽいところで⑩プラチナクイン。こちらも距離が伸びていい馬で、前走は1400と馬場に泣いた感じがします。どさくさの3着ならあるかも。

 

  • 三連単フォーメーション ④→①②⑥⑧→①②⑥⑧⑤⑩
  • 自信度 かなりある方ですが、あとは配当。高目待ちを期待。