2018 大井記念 ◎ヒガシウィルウィン、リッカルドはなんか不安▲

2018 大井記念 ◎ヒガシウィルウィン、リッカルドはなんか不安▲

明日は今年からS1に昇格した伝統の大井記念。ここから帝王賞に向かう馬が出てきてほしいところですが、最近は回避が多いですからね。これはかなり深刻な話なのですが、ひとまず今年の大井記念はかなり豪華なメンバー。その中でも私の◎は⑫ヒガシウィルウィン

 

最近は南関東、果ては地方競馬の代表として中央馬相手に真っ向勝負を挑んできました。着順としてはふるいませんが、立派な走りだと思います。今回は昨年暮れの東京大賞典以来の大井2000ですが、その時の時計が2分6秒0。遡って、昨年夏のジャパンダートダービーの勝ちタイムが2分5秒8。だいたいこのくらいのタイムで走れるようです。一方、今回もう一頭の人気馬・リッカルドは、前走のブリリアントカップの勝ちタイムが2分6秒5。しかもこちらは脚抜きが若干良い稍重の馬場で、しかもさほどお釣りのある内容でもありませんでした。この比較でもヒガシウィルウィンはリッカルド相手に勝負になるというか、優位に立っていると思います。

 

対リッカルドで話を進めるなら、去年の東京大賞典にもしリッカルドが出ていたとして、ヒガシウィルウィンが僅差で負けたミツバやインカンテーションあたりと同じように僅差で走れるのかと考えると、結構微妙じゃないかと思います。さらにヒガシウィルウィンの後ろでゴールしたタービランスを物差しとして考えても、ブリリアントカップでのリッカルドとタービランスの着差を見るとヒガシウィルウィンの東京大賞典の内容は価値があるんじゃないでしょうか。以上のことを考えて、◎ヒガシウィルウィンに決めました。

 

対抗は④リッカルドと言いたいところですが、実は今回は結構危ないんじゃないかと思ってます。前走の内容が勝ったとは言え案外に見えたからです。フジノウェーブ記念の内容を見ると、私は今のリッカルドのベストはマイルくらいなんだと思ってます。2000になるとだいぶ甘くなるように感じました。かかり気味に行ってしまうと不安ですね。さらにちょっと使いすぎな感じもするんですね。中央時代からずっと月1のローテーションで来てますし、そろそろ疲れが出てもいい頃じゃないでしょうか。中央から移籍直後のアドバンテージもだいぶ薄れる頃かなとも思いますし、ここは嫌な予感がします。

 

それであれば、その他の勢力も面白そうです。対抗は②ディアドムスにしました。前走はやはり休み明けと大外枠が響きました。それでもよく頑張っていると思います。今回は叩いて良化しているはずですし、勝負モードな気がします。前走のリッカルドとの差を逆転する可能性もあるんじゃないでしょうか。大きく崩れることもないような気もします。

 

さらに移籍2戦目の⑦モンドアルジェンテも、距離延長も望むところで上積みが大きいでしょう。別定の2キロ増だけこなせれば差はありません。

 

一応ここまでが有力候補。穴ではアクシデント明けですが実績ある⑥ユーロビート、そして移籍後好調の①ペイシャゴンジセ、笹川に乗りかわって新味が見られれば⑩サブノクロヒョウまでですが、まずディアドムスをやっつけるのが大変だと思うので、3着穴までですかね。

 

ヒガシウィルウィンから三連単1着固定のフォーメーションで。2着にディアドムス、リッカルド、モンドアルジェンテ。3着にそれらに加えてユーロビートとサブノクロヒョウ、そしてペイシャゴンジセで。ひとつ間違えればおいしい馬券もあるので、高め待ちでいきたいです。

 

  • 三連単フォーメーション
  • ⑫→③④⑦→③④⑦①⑥⑩
  • 自信度 ヒガシウィルウィン→ディアドムスはなかなか自信あります。自信だけはね。リッカルドが来たらお手上げ。