2018 園田・兵庫大賞典はエイシンホクトセイに若干の複穴感。

2018 園田・兵庫大賞典はエイシンホクトセイに若干の複穴感。

今日のそのきんナイターは、春の兵庫県競馬の古馬頂点を決める兵庫大賞典が行われます。各陣営ともに、このレースを目標に仕上げられてますから、おそらく強い馬は強く走ってくるでしょうね。しかも今年は例年に比べて実力差がはっきりしてると思います。かなり絞れます。

ひとまず今年の兵庫大賞典は3強の様相を呈しています。それは⑥キクノソル⑦エイシンニシパ⑧マイタイザンの3頭。

 

キクノソルは中央オープンで、園田移籍後もダートグレード以外は勝ち負けを繰り返しています。前哨戦の前走も持ったままの圧勝。まだ重賞勝ちはないので、ここはぜひ欲しいタイトルです。3コーナー過ぎからの機動力では一番。

 

エイシンニシパは、今年も全国を渡り歩いてますが、前走のはがくれ大賞典が強かったです。相変わらず詰めの甘さは感じますが、前走で吹っ切れたかもしれません。当然有力。

 

エイシンニシパと同期、新春賞勝ちのマイタイザン。エイシンニシパとは勝ったり負けたりですが、自分の競馬に持ち込めば、おそらくニシパには負けない馬です。問題はスムーズに逃げられるかどうか。ハナには立つでしょうが、途中からニシパやキクノソルにつつかれると苦しくなりそう。

 

この3頭が実績では上。しかし私の◎というか、私の複穴は⑫エイシンホクトセイ。最近は成績が安定、脚質にも幅が出てきました。反面、ここ2戦はキクノソルに完敗。自分で負かしに行くと少し最後甘くなる様子。こういう大きなレースでは、ためていって末脚勝負の方が上位に進出する可能性はありそうです。3強+③アサクサセーラがやり合えば、食い込みもあるのではないかと思いました。昨年も外枠から3着、配当的な妙味を含めて三連複1頭軸でいきます。

 

相手は3強ですが、走り時がまったくわからない⑤ノブタイザンも加えます。相手強化と乗り替わりが不安ですが、マイタイザンがバテる展開になれば、ノブの方が来る可能性もあります。この4頭に流し。実績的には③アサクサセーラもある馬ですが、決め手不足なのと目標にされる脚質ということで、無印でいきます。

 

三連複1頭軸 ⑫-⑥⑦⑧⑤

自信度 今日もうっかり当たるといいなという感じです。当てにいくと損しますね、競馬は。