2018・天皇賞・春枠順確定。2枠4番カレンミロティックって、話がうますぎる!?

2018・天皇賞・春枠順確定。2枠4番カレンミロティックって、話がうますぎる!?

日曜は天皇賞・春。今日枠順が発表されました。3200の長距離戦だけに、できるだけ内枠がいいのは間違いないところ。有力どころはどうなったでしょうか。

 

①ミッキーロケット 和田 ②チェスナットコート 蛯名 ③シホウ 浜中

④カレンミロティック 池添 ⑤ヤマカツライデン 松山 ⑥ガンコ 藤岡佑

⑦ピンポン 宮崎 ⑧クリンチャー 三浦 ⑨ソールインパクト 福永

⑩サトノクロニクル 川田 ⑪シュヴァルグラン ボウマン ⑫レインボーライン 岩田

⑬トウシンモンステラ 国分恭 ⑭アルバート ルメール ⑮トーセンバジル デムーロ

⑯スマートレイアー 四位 ⑰トミケンスラーヴァ 秋山

 

唯一のG1馬、本命と言われるシュヴァルグランは⑪番になりました。良くも悪くもない枠で、あとは状態と展開次第でしょう。武豊の騎乗停止によって三浦にチェンジしたクリンチャーは⑧番。これも偶数枠で悪くはないです。2頭とも、内に逃げるヤマカツライデンがいるのはレースはしやすそうです。

 

レインボーラインの⑫番は、この馬としてはとても動きやすい枠じゃないでしょうか。3歳時の菊花賞2着が6枠11番でしたから、ほぼ同じ感じです。昨年は外過ぎましたが、今年は理想的です。アルバートの⑭番はちょっと厳しいかもしれません。機敏に動けないタイプですから、一歩間違うとずっと外を回され続けて終わる可能性もあります。ルメールがどうやってロスなく乗るかというところ。トーセンバジルは外枠ですが、これは人気もないですし、後方一気作戦に出るしかありません。スマートレイアーはせっかくの牝馬の挑戦ですが、辛い枠に入りました。思い切り前に行くか、後方かどちらかですね。四位なら後ろな気はします。

 

気になる内枠メンバーですが、1枠のミッキーロケットチェスナットコートは、どちらも穴っぽい雰囲気が漂っています。ミッキーロケットは久々の3000越えのレースですが、菊花賞の内容を見ると適性はありそうです。チェスナットコートは、G1初挑戦が淀の坂越え2回というのは大変ですし、斤量も心配ではあります。ハーツクライの成長力で突破できるか。日経賞勝ちのガンコは⑥番、偶数枠でしかも逃げるヤマカツライデンの外ですからこれ以上ない枠です。こちらも成長力で一気に頂点をつかみたいところ。

 

そして、今回の枠順確定で最も気になるのは、やはり2枠4番カレンミロティック。過去に天皇賞・春は2回出走して、2015年3着・2016年2着。いずれも②番と③番という内枠での好走で、今回は④番。話がうますぎます。さらにすべて阪神大賞典からのステップで、15年が4着(0.9秒差)、16年が6着(1.1秒差)、今年は5着(0.8秒差)。10歳で故障明けでしたが、近走の内容を見ると大きな能力の低下は見られない感じ。陣営もすべてはこの天皇賞のためにローテーションを組んでいるでしょうし、京都との相性の良さは言わずもがな。

 

どうなんでしょうね。買いたくなっちゃいますよね。逃げるヤマカツライデンの真後ろにつけて2、3番手で道中進んで、経済コースを通って直線先頭…なんてことを想像してしまいますよ。でもなんか話がうますぎますよね。なんか騙されてるような気分になってきます。こうなると逆に買いづらいですよ。変に馬券も売れそうですし。気づいた時には来ない、それがカレンミロティックという馬かもしれませんし。しかし今回がラストラン…買わざるを得ない気もします。

 

ということで、もはやカレンミロティックのことが気になってしょうがないんですが、今のところの本命はなんと、①ミッキーロケットで行こうかなと思ってます。枠順だけが理由ですが。でもそれくらい混戦です。そこにシュヴァルグランレインボーラインクリンチャーカレン…いや、もう言いますまい。最終的な予想は前日か当日朝にでも載せたいと思います。