笠松・オグリキャップ記念、枠順でグルームアイランド◎にしたものの…。

笠松・オグリキャップ記念、枠順でグルームアイランド◎にしたものの…。

今日は笠松の長距離重賞、オグリキャップ記念なんですが、なかなか馬券的な妙味は薄いかなというのが正直なところ。理由はいろいろ書いていきますが、一応の本命は②グルームアイランドです。

 

荒れる可能性もあるレースですが、かなり手を広げないと拾えないですし、ガチガチに決まる可能性も相当あると思います。資産運用にはなかなか向かない感じのレースかなって思います。

 

3強と言える、②グルームアイランド⑥エンパイアペガサス⑨ハタノリヴィールですが、どれも一長一短。グルームアイランドもポカがありますし、エンパイアペガサスも復帰後はずぶさか目立って、小回りで時計の速い笠松はあまり向かない気もします。ハタノリヴィールは距離がどうでしょう。器用さはあるので、距離さえこなせればというところ。ただ、どの馬も力は上です。

 

鍵を握る展開ですが、これは読みやすいと思います。①メイジン⑦ベルゼブブも逃げないとダメなタイプだと思うので、2頭で後ろを離す展開になるんじゃないでしょうか。そうなるとその後ろ、3番手~5番手あたりの馬が有利になる感じをイメージしてます。グルームアイランドがそのあたりのポジションを取れれば相当楽ですね。内枠から3番手追走が理想です。

 

例年オグリキャップ記念は向正面からよーいドンの流れになるので、器用さは必須。その点、エンパイアペガサスよりハタノリヴィールかなとも思いますが…2頭とも派手に飛ぶ可能性もなくはないです。可能性としては、④アサクサポイント⑧カトラスの一発。⑦ベルゼブブの逃げ粘りまで考えると、展開ひとつで紛れる要素もかなりありそう。ただ、その割にはオッズを見ると配当があまり美味しくないです。

 

ということで今回はあまり買う気はないんですが、買うならということで②グルームアイランドの三連複1頭軸流しで、相手に⑥⑨④⑦⑧とします。もっとオッズが良ければ買いたいんですけどね。