2018・皐月賞レース回顧…簡単なレースになったエポカドーロ。ダービーにつながる馬は?

2018・皐月賞レース回顧…簡単なレースになったエポカドーロ。ダービーにつながる馬は?

皐月賞は見事にエポカドーロが優勝。予想もうまいこと当たりました。終わってみるとエポカドーロの完勝ですが、他の馬からしたらかなり難しいレースになってしまいました。エポカドーロが一番簡単なレースをしたと思います。

 

2つの別のレースに分かれる展開

レースは予想通りの激しい先行争い。エポカドーロはいつも通り好スタートを切りましたが、察してすぐに後ろに下げました。これが勝因と言えば勝因でしょうかね。アイトーン、ジェネラーレウーノ、ジュンヴァルロが飛ばす展開で、エポカドーロを先頭とした第二集団は離れました。エポカドーロは単騎逃げ同然。エポカドーロ以下の馬群はひとかたまりでかなりのスロー。オウケンムーンあたりもひっかかりました。

 

前と後ろでまったく違うレースをしてる感じでしたね。結果的に前集団でもジェネラーレウーノが3着に粘ってますから、どちらのペースが正しいということもないんですが、結果的に第二集団はエポカドーロのスローペースを許す形になってしまいました。どのジョッキーも先頭グループがあんなに離して先行してますから、動くに動けない展開になってしまいましたね。ハイペースと錯覚としている感じかもしれません。

 

逃げ馬が揃ったときに、まれに発生するケースですね。こういう時に大事なのが第二グループで先頭に立っている馬の動きなんですが、そういう意味では戸崎はうまく乗りました。ちょうど前走のスプリングSと同じような展開で、あれがいい練習になったかもしれません。

 

馬場でも明暗

馬場は稍重でしたが、現場で走ってる音を聞くと「バシャバシャ」という音も聞こえて、ある程度道悪の巧拙が影響する馬場ではあったと思います。ワグネリアンはやはり道悪ダメな感じでしたね。キタノコマンドールに外から交わされ、最後はグレイルにもやられて完全に気持ちも切れてしまった様子。ダービーに影響が出なければいいですが。ジャンダルムは出遅れ、タイムフライヤーはやることがみんな裏目になった感じ。ステルヴィオはそれでも頑張ってゴール前の接戦に参加しましたが、今回は道悪上手の馬たちにやられてしまった感じはありますね。エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノの3頭は道悪上手でしょう。とにかくエポカドーロには何もかも条件が揃って、とても簡単なレースになりました。4コーナーの手応えで、一頭だけ馬なりでしたからね。

 

ダービーへ謎は深まるばかり

さて、次のダービーにこの結果がどう結び付くかですが…これに関しては真っ白だと思っていいでしょう。今日のことはなかったことにしていいと思います。ただワグネリアンの脆さは感じました。キタノコマンドールもこのキャリアでよく走りましたが、ダービーでどうかは微妙。未知の馬であることにはかわりないです。ステルヴィオもこれ以上の成長には疑問を感じますし、勝ったエポカドーロもダービーというタイプではないです。やはりダービー馬はこれ以外から出るのでしょうか…となればあの2頭なんですかね。ちょっと気になるのはグレイルの最後の脚ですが、あれが道悪だから伸びたのか、馬が良くなってるからなのかは謎です。ジェネラーレウーノは東京でどう変わるか…こういうタイプは意外と東京こなしたりするんで、トーセンホマレボシみたいに頑張るかもしれません。

 

とにかく謎だらけな皐月賞の結果ですが、エポカドーロはこれからも中距離馬として活躍するでしょうね。個人的にダイワメジャーのように活躍してほしいです。ちなみにキタノコマンドールはなんとなくフサイチジャンクとかぶってしまうんですよね。失礼な話ですかね。これから成長してほしいものです。