2018 皐月賞 最終予想・・・◎エポカドーロ

2018 皐月賞 最終予想・・・◎エポカドーロ

いよいよ皐月賞当日。注目の馬場ですが、中山周辺は今朝はかなり豪雨だったものの、今では晴れ。おそらくやや重までで本番を迎えるでしょう。相変わらずの強風で、直線は若干追い風になるかもしれません。かなり微妙なコンディションなわけですが、私の本命は⑦エポカドーロです。

 

2連勝の後、初の強敵相手となったスプリングSは、早めに抜け出して坂上あたりで本命のステルヴィオにかわされて2着。直線一頭だけ抜け出して、坂上で少しふらっとした感じになりましたが、ステルヴィオに並ばれてからはまた差し返そうとする場面がありました。あのあたりはオルフェーヴル産駒らしい根性。あれなら1ハロン延長も、誰かと並んで勝負根性発揮でこなせるのではないでしょうか。今回は同型が何頭かいますが、スタート次第ではハナもいいですし、前走を見ると抑えてもレースはできるはず。前走で見せた機動力が、きっと本番皐月賞で生きるのではないかと思い、本命にしたいと思います。今日は頑張れ、戸崎。

 

エポカドーロから3連複フォーメーション流しでいきます。相手候補筆頭は⑮ステルヴィオ。馬場を心配されていますが、馬も完成しつつあるので、内の馬が苦労してる間に外からすいすい行ければ逆にプラスに働くかもしれません。人気の②ワグネリアンは、やはりトップギアに入るまでの反応の悪さがどうも気になります。他頭数競馬の内枠でもありますし、ジョッキーがどう乗るか。福永は80点の騎乗をするタイプのジョッキーだと思うので、大舞台ではどうしてもパンチ不足な気がしてしまいますね。あくまで抑える感じですが、もしここで勝てれば、ダービー最有力になるでしょうね。

 

ワグネリアンより、①タイムフライヤー③ジャンダルムといった経験豊富な面々が、内を生かした120点の競馬をして、上位進出してくる可能性があると思います。内田と武豊…十分ありえるでしょう。ノープレッシャーですからね。他だと⑨オウケンムーン、⑩ジェネラーレウーノは、上位勢力とまだ対戦してない馬で未知の魅力があります。未知の魅力という点では他に③キタノコマンドールですが、私は不安の方が先にたちます。こちらは三連複の3列目で抑えまで。他に三連複3列目の穴として、⑧ケイティクレバー、⑪マイネルファンロン、⑫グレイル、⑭サンリヴァル

 

他に三連複2頭軸で、エポカドーロとステルヴィオから流しの馬券も別に買い足したいです。ちょっと最近当たっていないので、ここでどかんとお願いしたいです。

 

三連複フォーメーション ⑦-⑮①②③⑨⑩-①②③⑨⑩⑧⑪⑫⑭

自信度 腹を決めましたので、どっしりと見守りたいと思います。モヤモヤは晴れました。当たる当たらないは別にして。