船橋・マリーンカップ…ニシノラピートを買いたくなりますよね。

船橋・マリーンカップ…ニシノラピートを買いたくなりますよね。

明日は船橋でダートグレード、牝馬限定のマリーンカップが行われます。ざーっとメンバーを見てもJRA勢が圧倒的に優勢ですが、地方勢で一矢報いるとしたら一頭しかいないです。⑨ニシノラピート。地方ファンとしたらやっぱり買いたくなってしまいますが、果たして現実的に食い込む余地はあるのでしょうか。

 

ニシノラピート自身の近況としては、三走前のシンデレラマイルでスピードを見せつけて快勝。二走前は1200でしたが、ここでも逃げて3着。前走は逃げ馬には厳しい馬場でしたが、男馬相手に掲示板を確保しました。シンデレラマイルのような自分の流れに持ち込めれば強い馬です。今大井には交流で健闘しているラインハートがいて、この馬とニシノラピートとの力関係の比較をしたいところですが、この2頭は脚質が違いすぎて非常に難しいです。ただラインハートは、シンデレラマイルでニシノラピートから1.7差の7着でした。

 

あくまで展開ひとつの馬だと思いますが、おそらく今回も単騎逃げには持ち込めると思います。ただ、それだけでJRA勢に割って入れるほどダートグレードは甘いわけはありません。結局JRA勢の凡走を期待するしかないです。でも、少なくともニシノラピート自身は自分の力は出せるんじゃないでしょうかね。

 

ではJRA勢の凡走はありえるのでしょうか。一頭ずつ見ていきます。②クイーンマンボは、おそらく現在の牝馬ダート路線で最強の馬。順調さを欠いて休養明けではありますが、ここを選んで出走するわけですから、それなりのデキには持ってきているはずです。これが飛ぶというのはなかなかないでしょう。57もこなせそうなパワーはあります。

 

実績的には⑦アンジュデジールが対抗馬。この馬の57キロは、切れで勝負するタイプだと思うのでマイナスでしょう。川崎での好走が目立ちますが、二走前のクイーン賞では2着になっているので、船橋自体は大丈夫でしょう。敵は斤量だけです。

 

⑧ミッシングリンクは今年TCK女王盃を勝ちましたが、前走で思わぬ大敗。ラインハートにも1.6秒差をつけられてしまいました。敗因は距離なのか川崎なのか…環境面でのことが影響しているなら今回は初の船橋、ナイター競馬という点がひっかかりますね。斤量も2キロ増。もちろん巻き返しも十分ありえますけどね。

 

最後に⑪ヤマニンアンプリメ。実績的にはJRA勢の中では一番下ですが、切れ味と勢いがあります。ただ初重賞、初ナイター、3キロ増、距離延長、外枠と、今回は私からしたら買いたくない要素が揃ってます。やはり評価は4頭の中では一番下ではありますね。直線勝負で台頭する場面はあるかもです。

 

この4頭の中で、2頭が凡走すればニシノラピートの台頭になるわけですが、ひとまずクイーンマンボに勝つのは難しいと思ってます。なので、遊びで買うとして、②⑨から三連複で⑦⑧⑪の3頭へ流す形で見物しようかなと思ってます。⑦⑧⑪のうち2頭が飛ばないといけないわけで、なかなか狭き門ですが。でもミッシングリンクとヤマニンアンプリメが飛ぶ可能性は全然あるかもしれません。

 

ニシノラピートとしては、おととしのブルーチッパーの逃げ粘りを再現してほしいものです。ブルーチッパーも前年のシンデレラマイルを勝っていますしね。ただブルーチッパーが2着したマリーンカップは、かなりJRA勢が手薄でしたけどね。てでもJRA勢のボックスなんか買っても何もないので、今回はニシノラピート応援馬券で楽しみたいと思います。

 

三連複 ②⑨-⑦⑧⑪

自信度 ありえなくはない、という感じ。