京浜盃と中京ペガスターカップについて軽く。

京浜盃と中京ペガスターカップについて軽く。

明日は大井で京浜盃、名古屋で中京ペガスターカップと、2つの3歳重賞があります。それぞれ見所があるので軽く触れます。

京浜盃

これからの南関クラシックを占う一戦。今年はかなり混戦で、有力どころの力が接近してそうです。大将格はハセノパイロですが、前走のぐだぐだの負け方が心配。今回どれだけ盛り返せるかですが、休み明けのリコーワルサーも、昨年末の全日本2歳優駿でハセノパイロとそれほど差はない感じでしたから、体ができていれば有力です。

 

それに、ニューイヤーカップの1、2着であるヤマノファイト・クロスケと、雲取賞1、2着のワグナーコーヴ・レベルスリー。さらに強敵相手に3着を続けるトーセンブル…流れひとつではクリスタルシルバーやらドンビーもわからないです。私としては、ちょっとこのレースで大きく勝負するのはハイリスクかなという気がしてます。リコーワルサー1着固定の馬単で流して見学がいいところです。

 

中京ペガスターカップ

こちらは名古屋の3歳重賞で去年できました。今年の注目はひとつ、サムライドライブです。目下8連勝、しかも毎レース良くなってきてる感じ。他の名古屋の強いところはみんな回避してますし、今回はサムライドライブの高速ジョギングをただただ見学するレースだと思います。

 

普通なら勝ち馬が強く勝った場合、2着3着は差し・追い込み馬が来るっていうのが競馬のセオリーですが、このレースに関しては、サムライドライブと他の馬って、カーレースで言うと違う排気量の車が同じレースに出てるのと同じ感じだと思うので展開なんて関係ないんじゃないでしょうか。むしろスローペースで前が残るかもしれないですね。トーホウカトレアが2番手最右翼ではありますが、これが来ても配当つかないですからねぇ。やっぱりハイリスクなレースです。

 

ということで、どちらも馬券でどーんと行くにはなかなか大変なレースだと思ってますが、今後のために注目しておきたいレースになりそうですよ。