2018・スプリングSと阪神大賞典のレース回顧。

2018・スプリングSと阪神大賞典のレース回顧。

スプリングS・・・完成してきたステルヴィオ。エポカドーロはまだ成長する

 

スプリングSは、人気のステルヴィオがはやめに抜け出したエポカドーロをゴール前で捕らえ、今年の初戦を突破しました。私は現地で観戦しておりまして、◎のエポカドーロを応援していたので悔しかったんですが、終わってみると2頭の力が抜けていたように感じたレース内容でした。

 

ステルヴィオはいつもより前目の中団につけてのレース。以前よりもレースはしやすくなっているようで、馬として完成しつつあるのかなと思いますが、この休養の間にぐんと力をつけたのかというと、そうでもない気がします。横ばいと言えば横ばい、「まぁ、そうだよね」って感じの結果でした。となるとダノンプレミアムとの力関係を逆転するのは相当大変な気がします。

 

一方2着に負けたエポカドーロの内容は相当評価できるんじゃないでしょうかね。コスモイグナーツのはやい逃げを自分から動いて馬場の真ん中から直線先頭、坂をのぼるあたりで単走になってふわっとしたのか内に寄れたりしましたが、外からステルヴィオが並びかけてきたらまた伸びました。さすがオルフェですね。2番手でレースできたのも収穫ですし、中山2度目となる皐月賞ではこの経験がいきると思います。なによりスピードがあるというのが、中山2000向きです。皐月賞ではこの2頭のどちらに可能性があるかと言われれば、エポカドーロだと思います。ただ崩れないのはステルヴィオですかね。

 

注目のハッピーグリンは、直線外に出したかったところで、馬場の悪い内に入ってしまいました。ただ、外に出せても3着までだったでしょうね。今日の内容を見ると、圧倒的に芝馬に感じます。本当はマイルカップとか面白そうですけど、日程的にもう無理ですかね。

 

阪神大賞典・・・クリンチャー自滅も淀なら変わる

阪神大賞典はレインボーラインが抜け出しました。得意の3~4コーナー進出から、直線楽に抜け出し。阪神コースも合うのかもしれません。力通りに走ればこれくらいはやりますね。2着サトノクロニクルはしぶといレースでしたが、本番ではパンチ不足ですかね。良くも悪くも、ちょっとサトノノブレス寄りな感じがします。クリンチャーは1周目の3~4コーナーで、「あちゃー」という感じでした。それでも最後まで懸命にくらいついてましたし、このへんはこの馬のいいところ。菊花賞・京都記念と好走している淀なら変わってくるでしょう。私が穴に推したカレンミロティックも5着でこの馬らしさはありました。これも淀向きですからね。なかなか本番で馬券圏内は難しいでしょうが。

 

というところで、どちらのG2も大きなサプライズはない感じの結果な気がします。でもエポカドーロは本番も重い印を打ちたくなるレースをしてくれました。そして気になるのは中山の馬場・・・、あの芝が皐月賞の頃にどうなっているでしょうかね。内側はかなり厳しいと思います。内と外の馬場差の見極めが、これからの中山の馬券作戦で重要でしょう。