スプリングS、ハッピーグリンは突破できるか!?

スプリングS、ハッピーグリンは突破できるか!?

今週のスプリングSに、ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリンが参戦しますね。前走の府中・セントポーリア賞で上がり33.3の脚を繰り出して快勝。果たして皐月賞の権利を獲得できるか注目されております。

 

地方所属馬で、牡馬クラシックのトライアルを突破して本番に参戦した馬は、ハシノタイユウとベッスルキング、そしてコスモバルクの3頭だけです。ベッスルキングを忘れそうでしたが、いましたね。神戸新聞杯→菊花賞でした。ハシノタイユウは中央芝デビューでブライアンズタイム産駒。ベッスルキングは東海所属でしたが途中に中京の芝で勝っていて、しかもトニービン産駒。そしてコスモバルクはトライアルまでに中央重賞も勝ってますし、朝日杯勝ちの同期・コスモサンビームと同じザグレブ産駒でした。みんな芝実績だったり、芝血統ではあります。ハッピーグリンはどうでしょう。

芝で開花か

前走の勝ちっぷりを見ると、明らかに芝馬であると思っていいでしょう。門別のダート戦では勝ちきれないレースも多かったです。そもそも門別の2歳~3歳は近年かなりレベルが高いわけですが、前走のスローペースの中での一変を見れば、芝で切れ味が増してダートでの詰めの甘さをカバーしたというところでしょうか。地方の馬が中央の馬に勝てない部分ってやっぱり瞬発力の部分で、これはマラソンの日本代表とケニア代表の差に似てる気がします。マラソンだと、30キロくらいから一気に差がつきますからね。だから前走で上がりに33.3を出せたというのは、とても大きいと思います。

おまけにセントポーリア賞は出世レースでもありますしね。そこで大外からきっちり抜けるというのがすごいです。血統的にもロゴタイプの父・ローエングリン産駒で、この親子の中山との相性の良さもいいですね。

 

ライバル

やはり実績的にもステルヴィオが人気でしょうか。それに共同通信杯組、特に新馬勝ち後の休み明けで2着だったサトノソルタス。ゴーフォザサミットやカフジバンガードも安定しています。他の組では京都・小倉逃げ切り連勝のオルフェーヴル産駒・エポカドーロ。ルーカスもいますね。

 

現段階での予想

かなり混戦と見てます。すべてはコース取りと展開で決まるのではないか、という感じです。今のところ◎はエポカドーロにしようかなと思ってますが。中山1800はある程度主導権を握る馬からいきたい気持ち。前々走で体重がどんと増えたのもいいと思います。ステルヴィオは賞金的にも無理はしないでしょうし、脚の使いどころが難しそうな気も。だったらハッピーグリンでも勝負になる気がしますね。前走の迫力と、やっぱりこのレースに対する本気度は他の馬よりも高い気はします。ダート→ダート→ダート→芝で来てますから、こういう馬の芝叩き2戦目(トータルでは4戦目になりますが)の上積みも結構あると思います。なにより応援したいですね。中央競馬だけのファンの方々は、門別競馬の強さをまだあまり把握してない気がしますし。

現段階では、◎エポカドーロ○ハービーグリンで。